運び屋姫子(4)
  • 完結
  • 最新刊

運び屋姫子(4)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

本日の依頼人は……以前のストーカー事件以後、彦星運輸の事務員として姫子と同居しながら働いていた清香が、家を出たいと言ってきた。叔母の家が放火され、一人娘の恭子を預からなければならなくなったのだ。結局、姫子の家で預かることになったが、恭子が通う中学の校長が必要以上に恭子母子にすり寄って来る。結局、恭子の母の退院を機に、母子共々、校長の家に住むことになったのだが、恭子の言動に姫子はいいようのない不安を感じ、裏の調査を開始する。……そして事件は起こった!! 彦星運輸の次期社長である彦星姫子の裏の顔は、かつて女暴走族としてならした超武闘派の腕っ節で、女性に害をなす悪を懲らしめる正義の運び屋「織姫運輸」のリーダー! 女性と弱者を救うチーム「織姫運輸」の活躍を描いた社会派ヒューマンミステリー、最終巻(全4巻)!!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
オフィス漫
ページ数
178ページ
電子版発売日
2017年02月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
80MB

運び屋姫子(4) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

運び屋姫子 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 運び屋姫子(1)
    完結
    330円(税込)
    彦星運輸の次期社長である彦星姫子は、瞳、空美、菜緒子、真樹と共に女性専用引っ越し部門を率いて大奮闘中。しかしその裏の顔は、かつて女暴走族としてならした超武闘派の腕っ節で、女性に害をなす悪を懲らしめる正義の運び屋「織姫運輸」のリーダーでもあった! 本日の依頼人は……半年前に引っ越したばかりの吉田清香という女性だった。ただならぬ雰囲気に事情を聞くと、どうやら清香はストーカーの被害にあっているらしい。車からずっと見張るストーカー。彼の隙をついて引っ越しを行うが、新居にもストーカーの魔の手が……なぜ!? 女性と弱者を救うチーム「織姫運輸」の活躍を描いた社会派ヒューマンミステリー、第1巻(全4巻)!!
  • 運び屋姫子(2)
    完結
    330円(税込)
    本日の依頼人は……初老の女性・初枝から引っ越しを依頼され荷物を運んだ先は、スタッフのひとり真樹の部屋の隣であった。同居する初枝の孫・優一郎は一切働かず、初枝の生活保護費に寄生するニートであった。優一郎の目つきに、辛い過去を思い出してしまった真樹。とある日、真樹は部屋の中で縛られた初枝を目撃してしまう。縛った優一郎は生活保護費を片手に遊びに行っていた……。エスカレートしていく優一郎の行動に、正義の運び屋「織姫運輸」が立ち上がった! 彦星運輸の次期社長である彦星姫子の裏の顔は、かつて女暴走族としてならした超武闘派の腕っ節で、女性に害をなす悪を懲らしめる正義の運び屋「織姫運輸」のリーダー! 女性と弱者を救うチーム「織姫運輸」の活躍を描いた社会派ヒューマンミステリー、第2巻(全4巻)!!
  • 運び屋姫子(3)
    完結
    330円(税込)
    本日の依頼人は……引っ越しをドタキャンした依頼人・広田裕子は、今日運ぶ予定の荷物をまた運んで欲しいと言い出した。しかもいつ運べるかわからないと言い、スタッフのひとり空美が引き受けてしまう。裕子がひとり息子・晃彦の部屋へ向かう。その部屋の中にはスキンヘッドの晃彦と……少女の姿が!? 巷では少女誘拐事件発生のニュースが飛び交っていた……まさか裕子の荷物というのは……!? 裏の調査を進めていた姫子達は、少女救出のため「特別残業」を開始する!! 彦星運輸の次期社長である彦星姫子の裏の顔は、かつて女暴走族としてならした超武闘派の腕っ節で、女性に害をなす悪を懲らしめる正義の運び屋「織姫運輸」のリーダー! 女性と弱者を救うチーム「織姫運輸」の活躍を描いた社会派ヒューマンミステリー、第3巻(全4巻)!!
  • 運び屋姫子(4)
    完結
    330円(税込)
    本日の依頼人は……以前のストーカー事件以後、彦星運輸の事務員として姫子と同居しながら働いていた清香が、家を出たいと言ってきた。叔母の家が放火され、一人娘の恭子を預からなければならなくなったのだ。結局、姫子の家で預かることになったが、恭子が通う中学の校長が必要以上に恭子母子にすり寄って来る。結局、恭子の母の退院を機に、母子共々、校長の家に住むことになったのだが、恭子の言動に姫子はいいようのない不安を感じ、裏の調査を開始する。……そして事件は起こった!! 彦星運輸の次期社長である彦星姫子の裏の顔は、かつて女暴走族としてならした超武闘派の腕っ節で、女性に害をなす悪を懲らしめる正義の運び屋「織姫運輸」のリーダー! 女性と弱者を救うチーム「織姫運輸」の活躍を描いた社会派ヒューマンミステリー、最終巻(全4巻)!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています