“探し屋”クロニクル2 泡沫の底に響け、僕の声
  • 最新刊

“探し屋”クロニクル2 泡沫の底に響け、僕の声

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『僕の声を探す……だって?』。

唐突にチャイムが鳴った。現れたのは、全身黒ずくめの十六夜と名乗るおかしな男。十六夜は、僕――内海玄が11歳のときに失った声を取り戻すという。『必要ない』母の依頼でなければ完全に無視したのだが……。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ガガガ文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
電子版発売日
2016年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

“探し屋”クロニクル2 泡沫の底に響け、僕の声 のユーザーレビュー

レビューがありません。

探し屋クロニクル のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • “探し屋”クロニクル 7/7のイチロと星喰いゾンビーズ
    存在を許されないのになぜ生まれてきたの? 自身の内に六つの人格を持つイチロと不登校ぎみの女子校生イコは、都市伝説的な存在“星喰い”に関わり失踪したイコの幼なじみを捜すことになる。“探し屋”十六夜、“夜祓い”たちも絡み、道ノ森市の夜はざわめく。 ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • “探し屋”クロニクル2 泡沫の底に響け、僕の声
    『僕の声を探す……だって?』。 唐突にチャイムが鳴った。現れたのは、全身黒ずくめの十六夜と名乗るおかしな男。十六夜は、僕――内海玄が11歳のときに失った声を取り戻すという。『必要ない』母の依頼でなければ完全に無視したのだが……。 ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています