王者への道 King’s Fair Way 第2巻
  • 完結

王者への道 King’s Fair Way 第2巻

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ゴルフへの愛をふかめていく大江春樹は、少年ゴルファーの村田雄一と出会う。年も近くゴルフという共通の目標がある二人は、すぐに親密になっていく。競いあい、ゴルフプレイヤーとしての高潔な精神守りながら成長していく二人は、ジュニアオープンコンペで、お互いの腕を比べることに。初めての試合に緊張しながらも、春樹は自分のゴルフを決して崩さない……。

ジャンル
出版社
サード・ライン
ページ数
244ページ
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
90MB

関連タグ:

王者への道 King’s Fair Way 第2巻 のユーザーレビュー

レビューがありません。

王者への道 King’s Fair Way のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 王者への道 King’s Fair Way 第1巻
    完結
    ゴルフに憧れ、独学で練習を続けていた少年・大江春樹は、かつて日本のアマゴルフ界に君臨したトップアマ・小沢静次郎に見出され、世界中のプレイヤーがしのぎを削るゴルフ界に足を踏み入れる。クラブの人々に見守られながらひたむきに練習を重ねる春樹は、砂が水を吸い取るように技術を磨いていく。いつしか春樹は、球聖・ボビージョーンズの再来とまで呼ばれるようになっていた……。ゴルフに魅せられた4人...
  • 王者への道 King’s Fair Way 第2巻
    完結
    ゴルフへの愛をふかめていく大江春樹は、少年ゴルファーの村田雄一と出会う。年も近くゴルフという共通の目標がある二人は、すぐに親密になっていく。競いあい、ゴルフプレイヤーとしての高潔な精神守りながら成長していく二人は、ジュニアオープンコンペで、お互いの腕を比べることに。初めての試合に緊張しながらも、春樹は自分のゴルフを決して崩さない……。
  • 王者への道 King’s Fair Way 第3巻
    完結
    クラブの人々に見守られながら、ひたむきに練習し成長を続ける大江春樹。様々なゴルファーと出会い、ゴルフの楽しみを満喫する春樹だったが、同い年のゴルファー・村田雄一がプロを目指していることを知り、自分の将来を悩み始める。自分を見失った春樹を、かつて日本のアマゴルフ界に君臨したトップアマ・小沢静次郎は、ただ、見守るだけだった。
  • 王者への道 King’s Fair Way 第4巻
    完結
    その驚くべき飛距離で、伝説となっているゴルファー・夏海雲。雲は、OBを出しても意に介さない強気なゴルフを続ける肝っ玉を持ち、調子がいい時は手のつけられない爆発力を見せる。才能を頼りに、気ままなプレイを心がけていた雲だが、絶対に優勝しなければならなくなったとき、ここ一番の勝負強さを発揮できるのか……!?
  • 王者への道 King’s Fair Way 第5巻
    完結
    強気のゴルフを信条とする夏海雲だったが、優勝を決める一打のプレッシャーに負け、それ以来バッティングが上手くいかない、イップスに苦しめられるようになる。鍛錬を重ね、300yのショットも1mのパットも、一打の重さに変わりないことに気付き、スランプから脱出した雲は、マスターズ出場の夢を抱く。
  • 王者への道 King’s Fair Way 第6巻
    完結
    プロになれないまま、7年も研修生を続けている風見秋介には、本人も気づかない才能が眠っていた。それに気付いた青田プロは、自分のキャディとして秋介を指名する。キャディとして青田のプレイを間近にみた風見秋介は、青田の老練なテクニックに圧倒される。プロの飽くなき執念を目の当たりにしたとき、万年予選落ちの秋介に変化が起きはじめる。
  • 王者への道 King’s Fair Way 第7巻
    完結
    豪胆なプロゴルファー・安沢のキャディを務めることになった風見秋介は、厳しい安沢の言葉で傷つき、負けん気を強くしていく。しかしこれは、秋介に屈辱を与えることで、無理やり闘争本能を引き出そうという、安沢の企みだった。引き出された闘争本能は、秋介の能力を大きく上げ、キャディとして安沢を優勝候補の一角にまでけん引する
  • 王者への道 King’s Fair Way 第8巻
    完結
    関東アマで優勝する力を持ちながらも、子育てのためプロへの道を断念してから22年――、サラリーマン・冬芝一生は、再びゴルフへの情熱を取り戻していた。しかし、22年ぶりのコースでは、第1打から池ポチャしてしまい、22年のブランクを痛感。それでもホールが進むうちに、若かりしころのテクニックと情熱を取り戻し始める。
  • 王者への道 King’s Fair Way 第9巻
    完結
    22年ぶりのゴルフで、学生時代の後輩・菅野プロから、プロゴルファーへの道を勧められた、サラリーマン・冬芝一生。子育てのために諦めていた、プロゴルファーになるという夢を再び抱き、一生は妻の協力を得て鍛錬に励む。しかし、40を越えた体にプロへの道はまだまだ遠い。
  • 王者への道 King’s Fair Way 第10巻
    完結
    22年の時を経て、再びプロゴルファーを目指す冬芝一生は、クラブ選手権に出場。そこで、大学生・島田大とクラブチャンピオンの座を争うことに。若くパワフルな島田に対抗することは出来るのか? そして時は流れ、運命の日本オープン。戦うのは、研修生上がりの風見秋介、飛ばし屋・夏海雲、遅咲きプロゴルファー・冬芝一生、そして球聖・ボビージョーンズの再来とよばれたアマ・大江春樹の4人。ゴルフの頂...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています