新しい日米外交を切り拓く ――沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ

新しい日米外交を切り拓く ――沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

なぜ沖縄の声がアメリカに届かないのか。日本社会に大きな影響力を持つ「アメリカの声」はいかに作られるのか。沖縄米軍基地や原発、TPPなどについて、米議会へ働きかけを行い、政府が伝えない声をアメリカの中枢ワシントンに届けてきた猿田佐世が、ロビイングの実践から見えてきた歪んだ日米関係を明らかにする。政府と一部の大企業による従来の日米外交を切り崩す画期的な視点!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
集英社クリエイティブ
掲載誌・レーベル
集英社クリエイティブ
ページ数
248ページ
電子版発売日
2016年12月22日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

新しい日米外交を切り拓く ――沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年01月19日

    まずは、内容を紹介
    1プロローグ 沖縄をワシントンに伝える
    2日米外交に目を向けるまで
    3ワシントンという街でした経験
    4既存の日米の外交チャンネル
    5日本政府や日本企業とワシントン
    6アメリカに声を伝えるということ
    7日米原子力エネルギープロジェクト
    8様々な声を政策に反映するために
    9ワシントン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています