闇闇来るり
  • 完結

闇闇来るり

作者名 :
通常価格 437円 (398円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

闇に守られ闇を操る一族。七年に一度巡り来る彼らが執り行う儀式とは……。 特別読切り「木っ葉カラカラ」も同時収録。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
YOU
ページ数
211ページ
電子版発売日
2017年01月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
38MB

関連タグ:

闇闇来るり のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月19日

    ゴシックファンタジーに分類されるであろう、少し不気味で、少し切ないお話
    古来より、人間は闇を恐れ、敬ってきた。文明が進んで照らされる場所が増えたとしても、闇は減るのみで決して消えたりしない
    多分、見通せない『闇』に対して怖いって気持ちを失ってしまったら、人として大事な一線を踏み越えてしまうんじゃない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    2014.6/3 石井作品の和の世界が好きだ。旧家、闇、カラス…なかなか直球なストーリーを1冊にまとめた手腕も見事。そしておまけ?の猫のお話に涙(T.T)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月06日

    闇に守られた一族の統主継承にまつわる物語。
    一番統主に近いはずの主人公智は、統主になりたくない。
    一番統主になりたがっている充は、闇に近過ぎる。
    統主になれるのは未成年のみ。あと数年で智は資格を失う・・・

    子供の頃のお話と大きくなってからのお話が収録されています。
    ファンタジー色の強い子供時代のお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年12月20日

    闇を操る一族のお話。まだお話が序章のような気がするので、評価は低めにしたけれど、これからどんどん面白くなりそうな気がする。これってどんどん続くんだよね?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています