殺人コンテスト

殺人コンテスト

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

老人ホームに入っている70歳のはるばあちゃんから、突然3人の子供たちに集合するよう連絡が来た。どうやらはるは、進行性のがんで余命半年らしい。そこではるがみんなに申し渡したのは、自分を上手に殺す方法を考えた人に5000万円の宝くじの当たり券を贈るということ。これも世のためばあちゃんのためと、3人の子供と孫たちは必死でない知恵を搾り出す。しかしはるは名うての意地悪ばあさん。このまま簡単に5000万円を贈る気はなく……。金に目がくらんだ人々が織り成す狂想曲!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年12月22日
サイズ(目安)
1MB

殺人コンテスト のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月19日

    いまひとつまとまりきらなかったなあ。でも、各人のアイデアがとんでもない展開のしかたをしていくのがおもしろかったです。悪が懲らしめられているのもよい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    題名からして、なんとも言えない感覚を覚える

    意地悪なおばあさんがいきなりこんなことを言い出す。

    遺産をすべてあげる、金額は数千間円規模

    しかし、そこには条件があり、余命わずかな自分を苦しめずに殺してくれること。

    何とも破天荒な条件の下で・・・

    物語は展開していく。


    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています