ゼロの白鷹 第4巻
  • 完結
  • 最新刊

ゼロの白鷹 第4巻

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

敗走が続く日本軍。歴戦の勇者・番外野郎も次々と玉砕し太平洋に散っていった。生き残ったのは中山義竜ただ一人だ。ボロボロになった愛機・ゼロ戦で最後の戦いに出陣する。「おれのバカな頭でも、ようやくわかったぜ。この戦争がいかにばかばかしいかがよ・・」。果たして義竜の運命は!?

ジャンル
出版社
サード・ライン
ページ数
183ページ
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
66MB

関連タグ:

ゼロの白鷹 第4巻 のユーザーレビュー

レビューがありません。

ゼロの白鷹 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ゼロの白鷹 第1巻
    完結
    550円(税込)
    太平洋戦争末期、鹿児島県鹿屋基地から飛び立つ、5機の特攻機があった。一番機の山吹建夫には、束の間の帰省の折に結婚した、新妻・つや子がいた。 「きみの命を守るために、僕は死ねる。」そう言い残し飛び立っていく彼の運命は。
  • ゼロの白鷹 第2巻
    完結
    550円(税込)
    中山義竜は生まれついての暴れん坊。予科練に入れたのは良いが、そこは落ちこぼればかりを集めた番外班。壮絶な訓練の末、義竜たち番外野郎は零戦で初陣を迎える。零戦の性能と番外班の実力は圧倒的な戦果をあげるが・・。
  • ゼロの白鷹 第3巻
    完結
    550円(税込)
    半端者を集めた、中山義竜を初めとする予科練・番外野郎たち。昭和16年、彼らを乗せた空母・赤城は密かに佐世保を出航した。攻撃目標は真珠湾!ついに日本軍は太平洋戦争に突入する。次々と大戦果をあげる日本軍。日本中が勝利に沸き立つ。しかし、それも長くは続かなかった・・・。
  • ゼロの白鷹 第4巻
    完結
    550円(税込)
    敗走が続く日本軍。歴戦の勇者・番外野郎も次々と玉砕し太平洋に散っていった。生き残ったのは中山義竜ただ一人だ。ボロボロになった愛機・ゼロ戦で最後の戦いに出陣する。「おれのバカな頭でも、ようやくわかったぜ。この戦争がいかにばかばかしいかがよ・・」。果たして義竜の運命は!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています