無音の哀戀歌 ~さようなら、わたしの最愛~

無音の哀戀歌 ~さようなら、わたしの最愛~

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

号泣必至!! ヒストリカル・ラブストーリー。革命前夜のフランス、パリ。降りしきる雨の中、自由奔放で美しい高級娼婦のジャンヌと身分を偽った凛々しき死刑執行人、シャルルは出会った。互いに惹かれあいながらも、けして許されることのない恋に身を委ねる2人の未来は──!? 甘く密やかに燃え上がるヒストリカル・ラブストーリー。表題作のほか、動乱のフランス革命期に一途な愛を貫いた、『嵐の狂想曲(カプリス)~暁を臨む天上の歌~』も収録。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年11月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

    Posted by ブクログ 2014年07月31日

    秘め侯爵から入って最初の作品のこっちも。
    あ、私、この作家好きだ(笑)

    ちゃんと裏付け取ってあるし、筆が乗っている。多分、すごく楽しく書いたんじゃないかなぁ。作家が気持ちよさそうに書いている。歴史とか、悲恋とか好きな人は必携。そうじゃなくても、多分この作者の書く人物は、どことなく、ふんわり苦いんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月21日

    革命前夜のパリ。高級娼婦のジャンヌと身分を偽った死刑執行人、シャルルの許されざる許されるざる恋の行方は──。


    硬派な少女小説。この固さは好みでした。
    表題作はページ数が少なく、駆け足な感じでしたので、いまひとつ感情移入できず……。同時収録の二作目はフランス背景がしっかり書かれていて、脇役も魅力的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    タイトルから、もろに私好み。哀しい戀の歌で、さよなら私の最愛なんて、悲恋オーラが漂っていて素敵。
    内容もすごく楽しめたけれど、当時の革命期のことをもっと詳しく書いてあれば、よかったかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    フランス革命時代のお話。

    <無音の哀戀歌>
    死刑執行人のシャルルと高級娼婦のジャンヌのお話。
    ジャンヌ側ではなく、シャルル側から話が書かれていて、たまにはこういうのも好きです。

    シャルルが自分の仕事が人に嫌われる仕事であることから、ジャンヌのことを思って別れたのに、結局最後は王宮に上がったジャン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年11月13日

    11年8月刊
    2010年度ノベル大賞佳作受賞作。
    死刑執行人と娼婦の恋、という骨太なテーマのお話。
    受賞作を本誌で読んだときは、なんか物足りない感じを受けたけど、続編はよかった。
    フランス革命の中での死刑、生きること死ぬことの重み、革命家の気持ち、死刑執行人という家に生まれたことも革命で変えたかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています