超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あらゆるノート術を試し、極めた人気クリエイターが実践する広く、深く、速く考える技術とは?

文化庁メディア芸術祭、Yahoo!クリエイティブアワードほか各賞に輝き、面白法人カヤックでアート・ディレクターとして活躍した著者が、アウトプットを劇的に変え、アナログ・メモから「自分の強み」をつくる方法を伝授する!

【本書の主な内容】
・メモの「量」がアウトプットの「質」をつくる
・あとからノートを見返すだけでアイデアが思いつく方法
・ノートから高速にアウトプットする「プロトタイプ思考」
・急な締め切りでも慌てない「1軍ノート」の作り方
・ノートは「公私混同」がいい
・人の2倍、打席に立つ
・アイデアの「種」をノート上で転がす
・「自分らしさ」をアウトプットする

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
199ページ
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
20MB

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月13日


    日頃から気づいたことをメモするのは面倒なので、
    「仕事で使えそうなものをメモする」みたいな漠然としたルールではなく、
    「自分が面白い企画を立てるために参考になるものをメモする」みたいに具体的に決めておく。
    アウトプットが具体化されていると、見返すのが楽になる。
    何のためのメモかわからないと、読む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    一軍ノート 二軍ノート
    言われてみれば確かにそうだけどなかなか気づかないこと
    カフェで朝メモ 公私混同
    のーとに自分の好きか要素をいれる
    この発想は自分の企画で使えるものだけ1軍ノートへ モレスキン
    思い込みを覆す
    思わず人に話したくなるコンテンツに化けそうなアイデア
    アウトプットの回数をとにかく増...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

    事故車のショールーム 本質 後ろ向きなもの☓前向きなもの

    要素分析

    マインドマップ ☓ マンダラート

    一軍ノート、二軍ノート

    アイデアはただ組み合わせるだけではダメ、接着点が大事

    こんな◯◯はイヤだ
    ◯◯なのに☓☓
    アイデアの配合率を変える 5:5から1:9、9:1へ cf.踏むとニャーと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    ノートの活用方法とは?
    アウトプットするものを決めて種を見つける

    なぜメモの取り方で成果が上がるのか?
    コツコツと気になった種をメモすることで思いがけないアイデアが生まれるから

    どのように?
    沢山のアイデアをアウトプットすること=より多くのフィードバックが得られる

    色々なことを経験したり体験す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月28日

    外山滋比古の『思考の整理学』を
    思い出しながら読んだ。

    と思ったら、本にもその記述が。
    なあんだ。

    ①2軍ノート 普段のなんでもメモ。
    ここが圧倒的に足りない。
    今は少し時間があるので、
    意識してつけてみよう。
    ここを付けないと、アイデアは広がっていかないのだろう。
    そして、
    私の場合、商品開発...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    著者自身のアイデアノート作成のノウハウ集
    マンダラートがベースの一軍ノートを主に紹介してます。
    これが万人の答えではないですが、いろんなアイデアは詰まってます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月31日

    日々のメモを「2軍メモ」とし、そこから選りすぐりのネタを「1軍ノート」として集めるというのが、著者のいう「超ノート術」。
    具体的には…
    1.毎日コツコツと、気になったことをノートにメモする
    2.そのなかから、選りすぐりのメモだけを特別なノートに書き写す
    3.選ばれたメモは頻繁に見返し、アウトプットに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    コンテンツクリエイターである著者のノート術について欠かれている本。

    ノート術そのものは、ケトルの嶋浩一郎氏や外山滋比古氏のノート術に近いものがある。
    本質的な部分は「ネタを集めて」「選抜し」「見返す」というところ。

    自分の仕事に当てはめるなら、ノートをどのように使うかをイメージしながら読むと良さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    「そんな視点があったのか〜!」を連発するアイデアメーカー・佐藤ねじさんの著書を読んだ。抽象論でなく、自身が実践する具体論のみが披瀝されているので、参考にできる部分も多い。何よりも最大の発明は「ブルーパドル」という言葉そのものと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月04日

    2軍ノートと1軍ノートの使い分け。
    1軍ノートには自分がときめいたものを抜粋して、繰り返し見返す。

    自分らしさを大切にして、ルールに基づいてノートを作っている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています