落ちぶれ紳士に愛の唄
  • 完結

落ちぶれ紳士に愛の唄

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

浅田は本当に惨めだった。3年ぶりに再会したナオはパティシエとして成功し、今や浅田のデパートの重要な交渉相手だ。昔冷たく突き放したのは、恋してしまったから。でもナオはそれを知らない…。プライドと切なさの間で、男ゴコロが揺れ動く恋模様。

ジャンル
出版社
ビーボーイ編集部
掲載誌・レーベル
ビーボーイコミックス
ページ数
188ページ
電子版発売日
2016年10月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

関連タグ:

落ちぶれ紳士に愛の唄 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    私が商業BL買いはじめたきっかけ。
    いい年してサラリーマンが泣きじゃくったり感情をあらわにして、わんこ系?パティシエがそんな彼を癒していく様にときめきました。
    お菓子の甘さはすべてを癒してくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ユキムラさんの描かれるスーツな人、好きですw

    天然ワンコくんと、素直になれないリーマンさんの、約3年に渡るすれ違い再会ラヴストーリー(?)

    めっちゃ好みのお話でした^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    浅田は本当に惨めだった。3年ぶりに再会したナオはパティシエとして成功し、今や浅田のデパートの重要な交渉相手だ。昔冷たく突き放したのは、恋してしまったから。でもナオはそれを知らない…。プライドと切なさの間で、男ゴコロが揺れ動く恋模様。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    封面中站著的那個, 叫直, 攻. 坐著的叫浅田さん, 受. 一直在浅田さん身上尋求家庭溫暖的直和以為這樣親近自己的直是因為喜歡自己的浅田的故事...

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    いつもいつもこの人の描く奴は可愛くってヘタレでピュアで辛抱たまらん…。
    今回のヒロイン(笑)浅田さんはとにもかくにも悩み過ぎで考え過ぎで嬉しい事があると周囲にウキウキしてるのが察知されまくりーなデパートの企画課勤め。お相手がパティシエだのでどうも西洋骨董洋菓子店を彷彿とさせるんだが、よしながふみみた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     「落ちぶれ紳士」…この言葉がかなり似合っている戦うサラリーマン。
     そしてパティシエとしての才能に溢れる若者。
     二人が出会うとき、ほろ苦く切ない大人の恋は始まる…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    デパート企画サラリーマン浅田視点の物語。
    本当は大好きなのに、男の意地もあって素直になれない。
    グルグルする人大好きなのでこの話は何度もよみかえしてしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    浅田は本当に惨めだった。3年ぶりに再会したナオはパティシエとして成功し、今や浅田のデパートの重要な交渉相手だ。昔冷たく突き放したのは、恋してしまったから。でもナオはそれを知らない…。プライドと切なさの間で、男ゴコロが揺れ動く恋模様。 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月22日

    年上で、ヘタレで、受けです。ラストのラストで攻めのひそかな願望通りに今以上にやりがいのある仕事を見つけ、転職しちゃいそうな勢いです。攻め以上に人気のある職人になっちゃうかもね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    年の差ではないんだけど(笑)紳士の素直じゃない湾曲した性格がなんとも・・・ちょっとうざかった。でもハッピーエンドでよかった。男のパティシエってなんでこんなにときめくんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています