彼岸の石
  • 完結

彼岸の石

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その身に秘めるのは、人の欲望を叶える力と罪悪感。あきが贈る「石」と「幻想」の物語。 終わりなき願いを終わらせる石――「彼岸の石」。その石を体に持つ男・露華は、願いを抱える人々の前に現れては、石を砕いてそれを叶えていく。己自身が本当に何を求めているのかも知らぬまま、カラスと共に当てもなく旅をしていく。ある街で芝居一座に身をおく男・楠成と出会う。彼もまた悩みを抱えており…。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
幻想コレクション
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
62MB
    購入済み

    美しい絵とノスタルジックな物語

    ペンギン2号 2021年06月06日

    美しいです。絵柄の見栄えだけではなく、物語も。恐らくは現実なら生々しく血生臭い出来事であったのに、悠久の時の流れの中では「自然」な出来事なのでしょうか。人間はよく作られた生き物で、狂わないために忘れ、苦しまない為に忘れ、忘れたモノに郷愁を感じ、哀しみ、憐れみ、美しいと思う。どこまで拾い上げるかは読者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月12日

    重い、けれどハッピーエンド。
    嫉妬や罪悪感、憎しみといった醜い感情を、ストレートに描きながらも美しく見せてくれるのは、この方ならではです。


    人の願いを叶える力があったとしたら、それは正しく、人を幸せにするために使えるのか…というのがこの作品のテーマであり、主人公・露華の問い続けること。

    願いが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月17日

    やっぱり、あきさんはすごいなぁ。 まだ全ての作品を読んだことがあるわけではないけれど、それでも、今まで読んだあきさんの作品の中でも、特に好きかも!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月08日

    そうみお姉さん(漢字出ない)がちょくちょく出てくるけど、本編では省かれてしまったようで、そこが気になる&すっきりしない感じ。
    ある意味主人公二人?よりも気になる存在かも。
    本編は相変わらずきれいで、考えるところのある話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月12日

    この方の書かれるお話が好きなので、本屋さんで見かけ即買い。

    いつもとても残酷で残酷で
    人間ってこんな残酷な世界に存在しているんだなって思い知らされる作品が多いので(でも不快感は皆無)今回もああ……

    だったんですけれど。

    アラアラ、ほっとするお話でした。

    今月はもう1冊新刊が出るようで楽しみで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    儚くひりつく優しいお話

    ぽんぽりすと佐々山 2021年06月11日

    作家さん買いです。
    華やかな画面づくりと、どこか脆さや静かに突き抜ける情熱の様なものを感じる作風がすきで、今作も作家さんならではの魅力があるお話しでした。
    キャラクターこ髪の美しい描写も素敵でした。
    一冊で綺麗にまとめられたお話だと思います。
    一冊で作品を読み切りたい方におすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています