映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画

映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

映画保存のエキスパートが明かす、《物質》面から捉えた映画の新しい魅惑

過去の文化遺産を保存・運用する「アーカイブ」。その仕事は現在ますます注目を集め、21世紀は「アーカイブの時代」とも呼べるでしょう。本書は、そのアーカイブを映画という分野で担ってきた著者による、「物質としての映画」にまつわるエッセイ集です。曰く、映画フィルムは牛からできている。映画フィルムは正しく救わないと爆発してしまう。映画フィルムはしばしば遠い旅に出てしまう。そんな不思議なお騒がせ者だけれど、フィルムの映画こそ未来に残すべき本物の「映画」なのです。

本書では、そんな映画の赤裸々な姿が、土地や歴史を縦横無尽に行き来しながら語られます。そして、映画アーカイブの基本思想は「すべての映画は平等である」。小津安二郎も成人映画も区別なく、7万本以上の映画が快適な環境で未来へ引き継がれてゆく映画アーカイブの収蔵庫は、そのような映画への新たな視座を生み出す場所でもあります。

巻末には蓮實重彦氏との対談を収録!

カバー写真:中馬聰

ジャンル
出版社
リットーミュージック
掲載誌・レーベル
立東舎
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています