凍鶴 (下)
  • 完結
  • 最新刊

凍鶴 (下)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

つるは、名を「おつる」から「鶴菊」に改め、お披露目の日を迎える。「松乃家」のお女将が選んだ旦那との初床も終え、芸者としての一歩を踏み出す。米一俵の値段で売られてきた女が、花柳界にその名を残す名妓として成長していく。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
eBookJapan Plus
ページ数
178ページ
電子版発売日
2016年10月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
42MB

関連タグ:

凍鶴 (下) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

凍鶴 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 凍鶴 (上)
    完結
    330円(税込)
    30円で「松乃家」に売られてきた十三歳のつる。“仕込っ子(芸者見習い)”として、朝は掃除、洗濯、使い走りに追われ、夜は姐さん芸者のあとを三味線を運んだり、泊まるときの着替えを届けたりしながら一人前の芸者をめざす。
  • 凍鶴 (下)
    完結
    330円(税込)
    つるは、名を「おつる」から「鶴菊」に改め、お披露目の日を迎える。「松乃家」のお女将が選んだ旦那との初床も終え、芸者としての一歩を踏み出す。米一俵の値段で売られてきた女が、花柳界にその名を残す名妓として成長していく。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています