プリコロ
  • 完結

プリコロ

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ついに、ついに!! プリコロ VS パタリロ!! 魔夜峰央の新境地!!新感覚「脱力系」推理漫画が驚異のクロスオーバー!! 推理は当たらないけど、犯人だけは当てる、自称名探偵コロネラ王国の王子様プリンス=コロネットと、その大親友! 超絶マイペースに我侭で、他人をおちょくるのを好む、カリスマ性抜群のマリネラ王国の若き国王様パタリロ・ド・マリネール8世が、まるっと1冊お騒がせ。常夏の国マリネラで起こった殺人事件!? そこに、なんと名探偵プリコロが登場!! 彼の純粋推理で今回もきっちり、犯人だけは当てるのか!? さらに、平和が自慢のコロネラ王国には、パタリロがやってきた! あんな人から、こんな人まで登場!! 今回の難事件は マリネラの殺人/霊魂殺人事件/社長秘書の謎/パタリロ登場!! の4つ。 難事件をマイペースで解き明かせ!!おまけページもついた脱力系推理漫画シリーズ第8弾!

ジャンル
出版社
祥伝社
ページ数
155ページ
電子版発売日
2016年08月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
43MB

プリコロ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月05日

    古くは手塚治虫先生のスターシステム、さらに水島新司先生の『大甲子園』、永井豪先生の『バイオレンスジャック』などなど大物作家によるクロスオーバーものというジャンルが確立された2012年、ついに魔夜峰央先生も参戦!! 常夏のマリネラを部隊にタマネギ部隊が! バンコランとマライヒが! そして、もちろんパタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月05日

    またも発行社が変わっての新刊。
    内容は、良くも悪くもいつものまんま。

    強いて言えば、別漫画のパタリロや、パタリロには最近あんまり登場しないあの人たちが頻繁に出てくるようになったって位かな、違いは。

    ま、これはコロネットのとんでも推理を楽しむ漫画なんで、誰が登場してもいいんですがね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています