左ハンドル国産車が日本を救う

左ハンドル国産車が日本を救う

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本国民の挑戦が「黄金の国・ジパング」を可能にする

「国産車左右ハンドル選択自由」の規制緩和で左ハンドル国産車の生産販売を認めるメリットとは?
貿易自由化を最大限に活用して外貨を稼ぎ、日本は輝かしい「黄金の国」になれる!
その詳細なシミュレーションを本書が徹底解説!

【著者紹介】
小森正智(こもり まさとも)
1986年、東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻修士課程修了。
現在、東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻医学博士課程在籍。

小森正隆(こもり まさたか)
学習院大学経済学部卒。1982年(株)日本能率協会コンサルティング入社、経営コンサルタントとして勤務し2011年退社。輸入車の国内チャネル戦略、マーケティング戦略、戦略実践研修体系立案と実施、全ディーラー監査。
国産自動車メーカーではCI戦略、カレッジ方式の長期研修企画と実施。自動車メーカー部長・販社経営者研修、自動車ディーラー経営シミュレーションソフト開発。
自動車買取チェーン・オートオークション・自動車リース・経済連自動車事業の戦略、損害保険会社、自動車部品工業会での戦略・マーケティングセミナー等を行った。

【目次より】

第1章◆自動車王国ジパング(黄金の国)への道
第2章◆左側通行なら右ハンドルという安全神話
第3章◆グローバル化時代の国富戦略
第4章◆自動車の生涯価値を再考する
第5章◆世界のCO2排出削減に貢献する
第6章◆自動車メーカーへの提言
第7章◆日本国民への提言

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年08月02日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年05月10日

日本経済を再び回復させるには左ハンドル自動車を国内で流通させるべきだ。なんだか「風が吹けば桶屋が儲かる」ような著者の主張だが、読み進めていくと、実に納得。確かに左ハンドル自動車が日本の救世主となる可能性はあるような気がする。

今の日本が世界で圧倒しているのが、自動車の品質とコスパ。その強みを最大限...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月24日

本書の着眼点は面白い。だが現実的では無い。
いわゆる外車はほぼ全て左ハンドルであったが、役所の指導もあり今では右ハンドルばかりである。
左ハンドルの車がリセール的に良く運転もし易いのならば、役所の指導があっても左ハンドルの比率は高いままであったはずだ。
しかし低年式低走行距離の車は右ハンドルの方が高...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月13日

左ハンドルの国産車は国内での発売ができない。
でも、発売して中古車をつくれば
おおきく社会貢献できる。
どうかん!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play