闇ウェブ

闇ウェブ

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

買えないものは何もない! 悪魔のネットショッピング。
麻薬、児童ポルノ、偽造パスポート、偽札、個人情報、サイバー攻撃、殺人請負、武器……「秘匿通信技術」と「ビットコイン」が生みだしたサイバー空間の深海にうごめく「無法地帯」の驚愕の実態! 私たちの生活を便利にしてくれるインターネットの奥底には異様な世界があった。自分の家族や会社を守るための必読書。

【おもな目次】
■序 章 現実社会を動かすサイバー空間■

■第1章 サイバー闇市場の実態■
検索エンジンの届かない世界/麻薬の一大取引所/偽造パスポート、偽札、児童ポルノ、殺人請負 など

■第2章 盗まれた個人情報の行方■
世界中で売買される個人情報の値段/医療・保険データは「カネになる」/流出情報が「成りすまし」に使われる? など

■第3章 サイバー闇市場へのアクセス■
ダークウェブを形作る匿名通信ツール「Tor」/闇市場を拡大させた「ビットコイン」/悪のマーケットプレイス など

■第4章 「Tor」と捜査機関の攻防■
遠隔操作ウイルス事件と日本警察/アメリカの諜報機関も頭を悩ます/Torにも弱点がある!? など

■第5章 最大の闇市場「シルクロード」の黒幕逮捕■
史上最悪のサイバー闇市場/8000万ドル荒稼ぎした黒幕「ウルブリヒト」の素顔/取り沙汰された「マウントゴックス」との関係 など

■終 章 終わりなきサイバー犯罪との戦い■
盗まれたFBI長官の個人情報/日本のサイバーセキュリティ体制の現実/医療ビッグデータのリスク/フィンテックも危ない など

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

闇ウェブ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月30日

    サイバーセキュリティの延長とも思い、また興味本位という心情も相まって、ダークウェブについて軽く学んでみた。Torという暗号化通信とビットコインによる匿名可能な電子決済がダークウェブ隆盛の鍵。個人情報の単価や値付けの考え方に関する詳述が非常に生々しい。スマートフォン、スマートスピーカー、タブレット等、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月22日

    匿名性が高いPF(ディープウェブ)と決済手段(ビットコイン)が揃ってしまい,薬物やポルノ,サイバー攻撃商品などの違法な商品のやりとりができるようになってしまった.

    ちなみにディープウェブはちょっとググれば誰でも簡単にアクセスする方法を調べられる.ちょっと見てみたが不思議な世界だ.
    アンダーグラウン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何が起き得るのか

    Hedgehog 2017年08月06日

    サイバー世界での情報セキュリティ 大事だとわかっていても具体的にどんなリスクがあるのかよく分からないのですが、この本で一端を垣間見ることができます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月14日

    主に Tor の世界を紹介。確かにこのダークウェブの世界をちゃんと書いた本が少ない。勉強になりました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月04日

    概ね知っている事が多かったが、インターネットの表が普段使っているgoogle検索で辿り着いたサイトだとしたら、本書のテーマになっているダークウェブ(ディープウェブ)はインターネットの裏の一面を示す。
    これらをテーマに書かれている新書は珍しく、要点を詰め込まれていてWEBを閲覧する人。つまり皆に一読し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月16日

    ダークウェブの動向についてわかりやすく整理されている。”シルクロード”の逮捕劇はドキュメンタリーにもなっているが、いろいろな謎が残る事件であることを本書で再確認した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月28日

    スクープ誌"FACTA"にいた高野君が独立して"セキュリティ集団スプラウト"といういかにも彼らしい団体を立ち上げたのだが、そのスプラウトが日本社会にサイバーセキュリティ向上の必要性を啓発する新書。読んでみて思ったことは私は(あるいは日本の経営者達は)まだまだセ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    闇サイトに関して漠然としたイメージしか持てていなかったが、ダークウェブの成り立ちや、どういった形で犯罪に結びついているのかということを理解することができた。
    インターネットは複雑で底が深く、いつ自分が個人情報の抜き取りなど、サイバー犯罪の当事者になるとも限らない。
    原始的だが、違和感を感じるリンクに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月01日

    とても便利なWebにも、使い方によっては犯罪的であり、闇といえる部分(技術も含めて)がよくまとまっていてわかりやすい。仕事でもセキュリティ対策とか考えることがあるけど、どこまでやっても完全は難しいことがよくわかった。ECサイトがものすごくあるが、個人情報の登録については今後どうするべきか、少し考えさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    サーフェイスウェブ
    ディープウェブ
    ダークウェブ

    ダークウェブの通信方法
    ・Tor
    ・I2P
    ・フリーネット

    巨大な闇市場が出来上がった最大の要因はTorとビットコイン

    ダークウェブの中心的存在
    マーケットプレイス
    仕組み サイトにアクセス→CAPTCHA認証→ログイン画面→ID、パスワード...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています