私を嫌っているはずなのに、その唇はとても優しくて……。

アイヴィは物心ついたときから、自分勝手な姉に振りまわされてきた。美しい長女だけを溺愛していた亡き父が、遺産のすべてを姉に遺したため、今では経済的にも苦しい日々を強いられている。そんなアイヴィの心の拠りどころは、親友のメリーだ。ある日、メリーの家に泊まったアイヴィは、真夜中のバスルームでメリーの兄スチュアートと鉢合わせてしまう。アイヴィは彼が苦手だった。そばにいるとなぜか落ち着かなくなる。しかも彼は、アイヴィが姉と同じく奔放で遊び好きだと思いこみ、辛辣な態度で接してくるのだ。だが、その夜の彼はいつもと少し違った。不可解なまなざしを向けてきたかと思うと、突然、アイヴィにキスをした。

■様々な時代の選りすぐりのディザイアの話題作をお贈りしていく“ハーレクイン・ディザイア傑作選”。第1号を飾るのは、北米ロマンス界の最重鎮ダイアナ・パーマーです。初めての恋心に揺れるヒロインに、彼の態度は冷たくて……?

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ディザイア
ページ数
160ページ
電子版発売日
2016年07月22日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。