電力の社会史 何が東京電力を生んだのか

電力の社会史 何が東京電力を生んだのか

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

福島原発事故を引き起こし、莫大な損害補償を負い、実質「国有化」された東京電力。戦後60年間、9つの巨大電力会社は地域の経済団体の会長を務めるなど社会的、産業的に日本の支配者といえる存在だった。1990年代と2000年代にわたり、国は「電力の自由化」と「核燃料サイクルの見直し」を電力業界に求めてきたものの、2度とも失敗に終わった。しかし今回の原発事故を契機に、60年間封印されてきた日本の電力制度が変わろうとしている。本書は、70年代オイルショック後の電力業界と政治家・官僚・メディアの闘いを電力制度や原子力制度の変遷とともに描く。日本独特のエネルギー政策のあり方と今後の課題を、欧米の電力業界――自由化された制度、脱原発、自然エネルギー――との比較を交えて分析する。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日選書
ページ数
352ページ
電子版発売日
2016年07月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています