高校教師の笠井にとって、
加藤怜二という生徒は手のかかる、だけど可愛い生徒だった。
加藤から好意を告げられても、
教師と生徒のラインを越えることもなく
春の訪れとともに、加藤の卒業を見送った。
あれから数年。加藤は教師となって、
笠井の勤める高校に赴任してきて──

ジャンル
出版社
大洋図書
掲載誌・レーベル
HertZ&CRAFT
電子版発売日
2016年06月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

グッドバイライラック

購入済み

何度も読み返したい大切な一冊

りんりん 2017年07月24日

こちらの作家さんの玉響を読んで、とっても良かったので期待してこちらも購入。
玉響に負けないすごく素敵なお話でした。
普段は気にしないようにしていた自分の心のヒダに隠れている
色々な気持ちをもう一度見つめ直しました。
何度も何度も読み返して、自分の気持ちを主人公に重ねていました。
今横にいる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

グッドバイライラック

Posted by ブクログ 2016年06月30日

手のかかる、だけどとても可愛い教え子が教師になって同じ高校に赴任して来て再会・・・。
ほろ甘い初恋を引きずり続けている加藤と、そんな加藤に好意を向けられながらもさくっとかわし続け、恋愛に興味をもたない笠井。
ゆき先生らしい柔らかくて切ない雰囲気で、とてもいい雰囲気でした。もちろん内容も。関係が急展開...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

グッドバイライラック

Posted by ブクログ 2016年06月06日

色恋に興味のない高校教師×そんな先生を大好きな教え子。
同性を好きになった事ではからずも起こる様々な問題や事件が、繊細なタッチでまっすぐに描かれていて切なくさせられました。

一途に笠井先生のことを想う加藤は、高校生らしい怖いもの知らずなところがあってほっとけないかんじです。先生と生徒というだけでも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

グッドバイライラック

Posted by ブクログ 2016年07月23日

相変わらず良かった。
タイトルのセンスが凄くいい。
一途な恋愛物。
情愛とは、情が愛になる。
そんな恋愛も、いいね。

このレビューは参考になりましたか?