はした金で売られた女~蕾の頃~
  • 完結

はした金で売られた女~蕾の頃~

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

第二次世界大戦で両親を亡くし、引き取られた叔父に虐げられて育った貴子は、昭和30年、顔も知らない40男の家に嫁に出された。夫の藤原文治は、ケガが元で女が抱けない体。家政婦代わりの嫁として売られたはずだった貴子だが、文治とも気持ちを通わせ、その才覚で「藤原文治商店」を大きくしていく。女が咲かす銭の花の色は? 読めば痛快の女の細腕繁盛記! ※「はした金で売られた女~蕾の頃~」は「蕾の頃」を改題したものです。重複購入にご注意ください。

ジャンル
出版社
ぶんか社
掲載誌・レーベル
ストーリーな女たち
電子版発売日
2016年05月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

関連タグ:

はした金で売られた女~蕾の頃~ のユーザーレビュー

    購入済み

    主人公の芯の強さ

    (匿名) 2020年07月19日

    きちんと自分の仕事を全うする主人公の逞しさ、真っ直ぐさがとても読んでいて気持ちが良いです。
    絵はイマイチですが、なかなか読み応えのある作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています