絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 7

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 7

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“働かない生活”のためのダンジョン経営を続けるうち、村長だけでなく教祖なんてものにまでなってしまった俺、増田桂馬。さすがに目立ってしまったのか、ツィーアの領主からご指名(依頼)が。会うだけ会ってサクッと断ろう、なんて思っていたら、報酬は『神の枕』の情報だと!? 仕方ないので依頼をこなしたんだけど、
「うん。我が娘、マイオドールとの婚約を認めよう」
ちょっと何言ってるかわかんないですね……。
俺史上最大(?)の危機に立ち向かう、“働かない”ための俺流ダンジョンストーリー第7巻! アイツもコイツも俺を狙ってる!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / オーバーラップ文庫
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
オーバーラップ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年03月25日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 7 のユーザーレビュー

レビューがありません。

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1
    「ほら、さっさと山賊どもを皆殺しにしなさいよ!」「いやだ、働きたくない……」 日々をダラダラ過ごすのが趣味の俺、増田桂馬は異世界に召喚された先で金髪美少女のロクコと出会った。どうやら俺はダンジョンマスターとなり“働かなくてもいい”優雅な生活を手に入れることができたらしい。だが、三度の飯より寝ることが好きな俺にロクコが言い放った言葉は── 「私のダンジョンを救って。ちなみにダンジョン...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 2
    異世界に召喚されてダンジョンマスターになった俺、増田桂馬は、“働きたくない”という一念でダンジョンの運営を開始した。強敵との戦いを経て、なんとか体裁は整ったものの、まだまだ安心して寝られるようなダンジョンじゃない! 俺の次なる一手は、“宿屋”の建設だった。ダンジョンと一緒に“宿屋”を運営すれば、ダブル収入でおいしいはず。これで勝つる!……しかしいざ宿を建てて目論見通りと思ったら、拡張...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 3
    “働きたくない”という一念のもと、異世界でダンジョンマスターをしている俺、増田桂馬のダンジョンもいよいよ軌道に乗ってきた。ダンジョンに併設された宿屋は大繁盛で大忙し(ニク達が)。ククク、着実に働かずに済む生活に近づいているぜ……! そんな俺のダンジョンに今度は勇者がやってきたけど――え、ロクコに惚れた!? 「大変よケーマ! 私、ぷ、ぷ、プロポーズされたわ!」 ……面倒くさい奴みたいだな...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 4
    “働かない生活”のためダンジョン経営を続ける俺、増田桂馬はこのたびダンジョンを中心にできた村の村長になりました。――って、なんでだよ!? こうなったら面倒ごとは村の連中に押し付けて――と思ったら、超強い謎のモンスターがダンジョンに居座りやがった。これ、俺がどうにかしなきゃいけないやつじゃん……。そのうえ、ダンジョンコア絶対破壊するマンな聖女様が乗り込んできたと思ったら俺を巡ってロクコ...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 5
    “働かない生活”のためのダンジョン経営を始めてそろそろ1年。春だなぁ……なんて思っていたら、三つ巴のダンジョンバトルをすることになった!? ダンジョンコアの集会で何があったんだよ……。え、しかも保護者のコアとチームで? ロクコの保護者ってつまりハクさんじゃん! 最近のロクコとのフラグ的に、できればお断りしたく――。 「というわけだから、よろしくね? ケーマさん」「アッハイ」 これはダン...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 6
    “働かない生活”を目指してダンジョン経営を続ける俺、増田桂馬ですが、ひょんなことから新たな宗教「オフトン教」を興して教祖になりました! それでは、オヤスミナサイ――(祈りの言葉)。……え、ダメ? 睡眠が祈りになるって教えにすれば居眠りし放題かと思ったのに、どんどん信者が増えて教祖は忙しいしサキュバスは乗り込んでくるし……。そのうえ、他に存在するはずのない「オフトン教のシスター」が訪...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 7
    “働かない生活”のためのダンジョン経営を続けるうち、村長だけでなく教祖なんてものにまでなってしまった俺、増田桂馬。さすがに目立ってしまったのか、ツィーアの領主からご指名(依頼)が。会うだけ会ってサクッと断ろう、なんて思っていたら、報酬は『神の枕』の情報だと!? 仕方ないので依頼をこなしたんだけど、 「うん。我が娘、マイオドールとの婚約を認めよう」 ちょっと何言ってるかわかんないで...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 8
    俺、増田桂馬は“働かない生活”を目指すダンジョンマスター! なんだけど、村長と教祖も兼任して貴族のお嬢様を預かるとか、なにこれ働きすぎじゃない? そんな俺の村に、イチカの昔の仲間である獣人の兄妹がやってきた。 兄貴のほうがイチカに惚れてるらしく……イチカを賭けて決闘? 何か勘違いしてるけど、俺の安眠を妨げるなら容赦しない! さっさと返り討ちにしてもうひと眠り―― 「大変や! ロクコ様...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 9
    “働かない生活”を目指してるはずなのに、ダンジョンマスターと村長と教祖を兼任する俺、増田桂馬。 オフトン教式の結婚式なんてものを作ってますます賑わうゴレーヌ村に、今度はドラゴンが襲来だと!? とんでもない強敵の予感―― 「すまねェケーマ! うちのバカ娘が迷惑かけたァ!」 お隣さん(ダンジョン)の娘さん、イグニちゃん(300歳)でした。 それは良いんだけど、ドラゴンを退治しようと集まった冒...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 10
    “働かない生活”を夢見て、ダンジョンマスターと村長と教祖を兼任する俺、増田桂馬。 村を騒がせていたドラゴン(お隣さんの娘さん)の騒動を解決したら、叙勲のため帝都へ召集されることに。 これハクさん噛んでるよね、ロクコも一緒だし……。まぁ、その間の村の仕事を丸投げできると思えば―― 「妾がラヴェリオ帝国第一皇女、エミーメヒィなのよ!」 はい、面倒ごと来ちゃった! 借金勇者ワタルと一緒に、...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 11
    “働かない生活”を目指しているダンジョンマスターの俺、増田桂馬。 ようやく辿り着いた帝都で俺を待っていたのは、ウサギ型ダンジョンコアをプロデュースしてダンジョンバトルしろというハクさんからの無茶ぶりだった! 新たな戦略を練りつつ、決め手が欲しいと思っていたら―― 「564番コアを潰すのでしょう? 手を貸すわ」 なぜかロクコの親友(仇敵)を自称するアイディが仲間に!? さらには「もふもふ...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 12
    “働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。やっと帝都から帰ってきてみれば、山のトンネルの向こう側に新しい村ができていた!  うちの村を真似してるらしく、宿屋もあるんだとか。つまり客が減って俺の仕事も減る! やったぜ!! なんて思ってたんだけど……なんで逆に増えてんの!?  さらには「人工ダンジョン」なんていう胡散臭いものまで持ち出してきて―― 「ケーマ様の目は誤魔化せませ...
  • 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 13
    “働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。ハクさんから『神のパジャマ』が魔国の大武闘大会の賞品になっていることを教えてもらい、さらには「帝国の使者」として魔国へ留学することに。至れり尽くせりで嫌な予感しかしない……。案の定、いきなり大会優勝者の50番コアと戦わされるし―― 「では、取り決め通り、こやつは我が頂くのである」 え? 魔国じゃ決闘で負けたら奴隷? そんなー。...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています