本物のカジノへ行こう!

本物のカジノへ行こう!

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

世界中で身銭を切って学んだカジノの「カラクリ」と「正体」とは?


2015年、「カジノ法案」が国会へ提出された。賛否が分かれる日本版カジノだが、
賛成派も、反対派も、実体験なしにカジノを語ろうとしている。

はたしてカジノとはどんなところなのか? いいカジノと悪いカジノはどこが違う?
そして、どうやったらゲームに勝つことができるのか?

著者は一般的なサラリーマンだった1990年代から、収入をカジノ研究につぎこみ、
有給休暇の大半を世界のカジノめぐりに費やしてきた。通い始めたころは負けつづきだったが、ある頃から、お金を増やすことができるようになった。

なぜ著者はカジノで勝てるのか。長年、世界のカジノ産業を見て得た知見を大公開。

第1章 日本版カジノ狂騒曲
第2章 カジノはどこにできるのか?
第3章 カジノビジネスとは何か?
第4章 世界のカジノはこうなっている
第5章 カジノとは人間修練の場所

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年03月18日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

本物のカジノへ行こう! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月18日

    この著者ほどカジノを好きになって、これほどカジノで遊んでいる日本人は滅多に居ないだろう。著者の体験談の多さと知識量は、日本でIR法案が出来てから興味を持ったにわかには到底真似できない水準だ。

    厚くない普通の新書だが、カジノのビジネスモデルの解説から各国のカジノの特徴の解説、著者が体得したカジノでの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています