女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて1
  • 完結

女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて1

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「俺のシンボルが…ない!!」極道を継がないと女になる。俺の実家、鷲頭組に伝わる呪いだ。親父が俺に極道を継がせたいから嘘をついてるんだと思ってたんだけど、18歳の誕生日、目覚めた時、俺は女になっていた。ビビったけど、童貞の俺は女体の神秘を試す意味で自分の身体を弄った。男の時には感じたことのない快感が襲ってきて、女の身体ってすごいと思っていたら、対立組織の若頭で俺のライバル銀二が、俺を見つけて襲ってきた。前はごかくだったはずなのに、喧嘩じゃぜんぜん敵わないし、女たらしの銀二が俺のからだを弄ると、自分でするのとは比べ物にならない快感が襲ってきた…。しかも、そんな快感をくれる銀二に触れられるのが嬉しいと思ってしまって…!?

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
秋水社ORIGINAL
掲載誌・レーベル
恋愛宣言
ページ数
37ページ
電子版発売日
2016年04月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて1 のユーザーレビュー

    購入済み

    う~ん

    けんけん 2020年07月02日

    極道の跡取りが後を継がないと女になるって?
    どんな呪いなんでしょう?
    ちょっと無理があるんですけどその秘密は知りたいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて1
    完結
    「俺のシンボルが…ない!!」極道を継がないと女になる。俺の実家、鷲頭組に伝わる呪いだ。親父が俺に極道を継がせたいから嘘をついてるんだと思ってたんだけど、18歳の誕生日、目覚めた時、俺は女になっていた。ビビったけど、童貞の俺は女体の神秘を試す意味で自分の身体を弄った。男の時には感じたことのない快感が襲ってきて、女の身体ってすごいと思っていたら、対立組織の若頭で俺のライバル銀二が、俺...
  • 女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて2
    完結
    「俺のシンボルが…ない!!」極道を継がないと女になる。俺の実家、鷲頭組に伝わる呪いだ。親父が俺に極道を継がせたいから嘘をついてるんだと思ってたんだけど、18歳の誕生日、目覚めた時、俺は女になっていた。ビビったけど、童貞の俺は女体の神秘を試す意味で自分の身体を弄った。男の時には感じたことのない快感が襲ってきて、女の身体ってすごいと思っていたら、対立組織の若頭で俺のライバル銀二が、俺...
  • 女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて3
    完結
    「俺のシンボルが…ない!!」極道を継がないと女になる。俺の実家、鷲頭組に伝わる呪いだ。親父が俺に極道を継がせたいから嘘をついてるんだと思ってたんだけど、18歳の誕生日、目覚めた時、俺は女になっていた。ビビったけど、童貞の俺は女体の神秘を試す意味で自分の身体を弄った。男の時には感じたことのない快感が襲ってきて、女の身体ってすごいと思っていたら、対立組織の若頭で俺のライバル銀二が、俺...
  • 女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて4
    完結
    「俺のシンボルが…ない!!」極道を継がないと女になる。俺の実家、鷲頭組に伝わる呪いだ。親父が俺に極道を継がせたいから嘘をついてるんだと思ってたんだけど、18歳の誕生日、目覚めた時、俺は女になっていた。ビビったけど、童貞の俺は女体の神秘を試す意味で自分の身体を弄った。男の時には感じたことのない快感が襲ってきて、女の身体ってすごいと思っていたら、対立組織の若頭で俺のライバル銀二が、俺...
  • 女体化極道~絶倫若に野獣のように責められて5
    完結
    「俺のシンボルが…ない!!」極道を継がないと女になる。俺の実家、鷲頭組に伝わる呪いだ。親父が俺に極道を継がせたいから嘘をついてるんだと思ってたんだけど、18歳の誕生日、目覚めた時、俺は女になっていた。ビビったけど、童貞の俺は女体の神秘を試す意味で自分の身体を弄った。男の時には感じたことのない快感が襲ってきて、女の身体ってすごいと思っていたら、対立組織の若頭で俺のライバル銀二が、俺...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています