「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい

「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

流行語大賞の経済用語部門で唯一ノミネートされた「爆買い」――。
日本の観光地から、新宿、銀座、梅田、なんば、名古屋栄、札幌、博多……といった商業都市に
中国人旅行者が殺到し、ドラッグストア、家電量販店、コンビニはもちろん、空港、高級ホテルから
ビジネスホテル、流行レストランまでその来客数はすさまじいものになっている。

「爆買い」効果で街の商店から一部上場企業までが恩恵を受けることになったが、
いったいこの「現象」はブームで終わるのか、それともここしばらくは続くのか?

中国取材29年のベテランジャーナリストの著者が、消費を享受する中国人から
「インバウンド消費」に湧く日本の関係者までを丁寧に取材し、「爆買後」いったいどうなるのか、を予測すべく現場を歩いた。

【著者紹介】
中島 恵(なかじま・けい)
1967年、山梨県生まれ。北京大学、香港中文大学に留学。新聞記者を経て、96年よりフリージャーナリスト。
中国・香港・台湾など、主に東アジアのビジネス事情、社会情勢等を新聞、雑誌、インターネット上に執筆。著書に『中国人エリートは日本人をこう見る』『中国人の誤解 日本人の誤解』(ともに日本経済新聞出版社)、
『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?』(中央公論新社)などがある。

【目次より】
プロローグ◆バブル期の日本から見えてくる「爆買い」の未来予想図
第1章◆中国人観光客急増!彼らはなぜ日本を目指すのか
第2章◆現場で聞いた「中国人観光客の人気商品」
第3章◆複雑な社会からわかるモノが売れる仕組み
第4章◆爆買いに戸惑う声から探る「マナー問題」の解決法
第5章◆大挙してやってくる中国人客は千載一遇のチャンス!?
第6章◆中国人富裕層にとって日本は心のオアシス
第7章◆なぜ彼らは「日本に住みたい」と思っているのか
エピローグ◆日本旅行で中国人の対日観が塗りかえられていく

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
プレジデント社
ページ数
255ページ
電子版発売日
2016年01月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年07月19日

    ニンゲンに対する見方が フェアーなんですね。
    やわらかく、見つめようとする。
    当然、爆買い現象も 一時的なことで、
    もっと落ち着いた 中国人の日本での行動が
    でて来るのだと思う。

    そんな中で、中国人が 日本の何をみようとしているのか?
    という視点で 素直に まっすぐ見つめる 視線が
    柔らかく、頼も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月11日

    中国への旅行の前後に読んだ。読んでいて涙が出そうになった。中国人がより愛らしく思い、かつ日本の日常にもポジティブなイメージを持てた。中国人の言動や態度の違いを指摘し、嫌悪感を抱くのは簡単だが、中国の政治、経済、社会にまで思考を巡らせるとスッと中国人の言動の背景が分かったりする。アンチ日本の中国人に反...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング