暦で読み解く古代天皇の謎

暦で読み解く古代天皇の謎

作者名 :
通常価格 730円 (664円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

建国記念日はなぜ2月11日なのかご存知だろうか? これは、天武天皇が編纂を命じた『日本書紀』の中で神武天皇の即位年を「辛酉年正月朔(庚辰)=紀元前659年2月11日」としたからだ。しかし、古代の日本には暦がなく、『魏志倭人伝』にも「(倭人は)正月や四季を知らない。ただ春耕秋収を記録して年数を(数えて)いる」と記されている。では、『日本書紀』の編者たちはどのように、神武天皇の即位年を決定したのか? 本書は、5~7世紀に使用された「元嘉暦」「儀鳳暦」を読み解くことで、古代天皇の実像に迫ろうというもの。◎讖緯思想と神武天皇の紀年 ◎天武天皇と天文 ◎武内宿禰の存在 ◎空白の二年間の主役・宇治(菟道)稚郎子太子 ◎最後の「武」は武烈天皇? ◎天皇となった飯豊皇女? 暦から古代史の真実が見えてくる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2016年01月08日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
45MB

暦で読み解く古代天皇の謎 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    古代天皇の実在がどうも信用できないのは単純に在位が非常に長く、そんなことあり得ないと思えるからだが、それは正確な暦がない時代の史実を後から当時の暦に無理やり区切りの良いスタート(神武即位)を設定したためという内容。
    天武が編纂を命じた公式の記録である日本書紀を頭ごなしに否定する風潮にも苦言を呈しつつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています