地球のハローワーク

地球のハローワーク

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

世界中の人々の働く姿が詰まった写真集!

伝統工法で漁船を作るトルコの船大工、牛の餌にするクローバーを積むイエメンの農婦、南極で氷のサンプルを保管する研究者――世界には多彩な仕事があり、それを生業とする人々がいる。時代や国籍を超えて、働き、生きる人間の営みを、傑作写真の数々で伝えます。

「とにかく写真をみてください。世界中の人々が命をつなぐために働く姿を。」 ――(株)ペリエ代表取締役 和田裕美さん(帯より)

※本書は、2006年刊行の大判写真集『地球に生きる』を再編集、改題したものです。

カテゴリ
写真集
ジャンル
風景、その他 / その他
出版社
日経ナショナル ジオグラフィック社
ページ数
316ページ
電子版発売日
2015年12月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
220MB

地球のハローワーク のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年12月30日

    素晴らしい,の一言に尽きる.中身は世界中の仕事(と仕事の間の休憩など)の風景の「写真集」で,なにも,職業選択の参考になるようなことが書かれているわけではない.その意味では「WORK」というタイトルをこのように訳した出版社(企画者)のセンスはどうかしている.でも,写真の数々は本当に素晴らしい.100年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月17日

    あまりに貧しくて、あまりに裕福で。あまりにつらそうで、あまりにしあわせそうで。
    生きてきて、初めて写真で涙を流した。
    ここにあるのは生きるために働く、命の姿でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月20日

    この地球上には、どれだけの人間が暮らし、どれだけの人間が生きるために働いているのか。

    ページをめくる度に、解説や言葉なしに、その現実を痛感させられる。

    改めて、「人間は生きるために働くのだなぁ」と思う。

    この本に載っている写真も、非常に何かを訴える力のある、素晴らしい写真ばかりだ。

    「働くこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月05日

    労働は今も昔も、生きるために行う物事、日々の糧と健全な魂を養い生きる喜びを維持する為のものであるのは変わらないのに、いつから 奪うものと奪われるものができたのだろう。
    誰かが得して、誰かは捨てられる。物乞いをする子供も、ギャンブルに励む老婆も、就活で自殺する若者も同じ身分の人間であるはずなのに

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月26日

    映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」を観るので、久しぶりに本棚から出してみた。
    ナショナルジオグラフィックが写した世界の人々の生きるための働き。
    しかし、邦題がいけてない。そして帯も余計だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月19日

    木造船をつくっている写真は印象的だった。
    また、牛や豚を解体している写真があったが
    今食べている肉はこうしたものを通して
    自分たちのもとに届いているんだと改めて
    実感できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月23日

    世界中の仕事。

    人は生きるために働く、という事を強く実感する。
    仕事といっても千差万別で、予想だにしない仕事や、考えもしない方法が見られる。
    地域ごとに分けられているのだが、劣悪な環境の労働者の次に椅子にゆったりと座るホワイトカラーがいたりと、その対比に色々と考えてしまう。
    どの仕事にも良さがある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月21日

    いわゆるジャケ買い。

    ただし、一度開くと集中して見入ってしまう。

    自分は小さい・・・

    世界は広い!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月18日

    就活中に本屋で見つけ、購入した一冊。
    働くことについて疑問とか感じた時に見るといいかも。
    まずは文章を読まずに、写真だけ見るのがオススメ。
    写真から感じることは人それぞれ。
    そのあと、文章を読んでみるとまた新しい発見があると思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    写真の力は偉大なり、その中に人々が生活している様を余すところなく伝えてくれる すべてのものに美はあるが、誰もがそれを見るわけではない 頭にトマトでいっぱいのカゴを載せて田舎道を歩いていく1人の男性。明るい日の光を受けて地面にくっきりと浮かび上がる細長い影は、頭の部分が大きな球のように膨らんであたか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 風景、その他

風景、その他 ランキング