八木沼酒店にロマンスは売っているか?

八木沼酒店にロマンスは売っているか?

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

悪いと思ってるなら、可愛い声でイきな

八木沼酒店の二階は女性限定物件。その理由は店主がゲイだから!?
店子になった敦哉の新生活は…

会社を早期退職し、八木沼酒店の二階で新生活をスタートさせた敦哉。家主の八木沼はゲイで、生真面目な眼鏡のサラリーマンがタイプと聞き警戒を強めたものの、商店街のイベントや店舗の手伝いに関わっていくうち、彼の役に立ちたいという気持ちが生まれてくるように。先に求めたモンの勝ち、だろ――教えられた言葉に初めて、苦手な酒を知り恋を求めたいと思うが、事故のような口づけの後、八木沼は敦哉をあるべき場所に帰らせようとしているようで……。間借りから始まるほろ酔いラブ?

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
シャレード文庫
ページ数
292ページ
電子版発売日
2015年10月15日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年08月09日

ずっと読みた買った本。

当たり!
受けの生真面目で真っ直ぐでしっかり者のイケメン具合。こういう受けのが新しかった!
攻めは人に頼られる兄貴タイプのゲイ。

面白かった、本当に!
☆4.4

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月05日

商店街のこだわり酒店店主×お店の二階に住むことになった元リーマン。
下町人情とおいしいお酒とおつまみまでついてきて、じんわりといい気分にさせてくれるストーリーでした。

八木沼が部屋を貸すのを渋っていたのは、女性限定だったのに来たのが男で、しかも酒屋に間借りするのに真性下戸なのが気に入らないからだと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月01日

商店街にある日本酒専門の酒屋店主と店の二階に越して来たノンケ眼鏡の元リーマンさんのお話。
日本酒専門店なだけあって日本酒の話がいっぱい出て来ます。
日本酒はさっぱりわからなかったのですが、飲んでみたくなりますねー。
酒屋店主の八木沼の男らしくサバサバした感じとか、生真面目過ぎる元リーマンの敦哉が下戸...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play