花は陽に向かう 新装版【イラストあり】

花は陽に向かう 新装版【イラストあり】

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

華族の八雲藤緒は、十七歳のときに家の負債の為に娼館に売られる。以来四年間、女の装いで客をとらされ人形のように生きていた。そんな藤緒のもとに、ドイツで成功し帰国した実業家、若宮瑛士が客として訪れる。若宮は清い頃の藤緒を知る年上の幼馴染みだった。その若宮から欲望を向けられた藤緒は反抗心を芽生えさせるが、情熱的で巧みな若宮の愛撫に逆らいきることができず……。書き下ろしSS、門地かおり先生の挿絵を収録した新装版。

ジャンル
出版社
心交社
掲載誌・レーベル
ショコラ文庫
ページ数
253ページ
電子版発売日
2015年06月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

花は陽に向かう 新装版【イラストあり】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年04月24日

    身請け話。そういったお話が好きな方は良いと思います。激しく痛めつけられるシーンもなく 誰かが死ぬとかもないので 穏やかに読めました。門地先生の挿絵も素晴らしかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    娼館で再会したことで起きる藤緖と若宮のすれ違いがもどかしい。どう見ても、お互いのことを大切に思っているのに...。と。自分が客をとらされていたことで若宮の汚点にしかならない。と思っている藤緖。でも、2人ともお互いがいないと幸せになれないのだから、周りのことなんか気にせずにずっと一緒にいて欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています