我らの水はどこにある
  • 完結

我らの水はどこにある

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

竜彦が全寮制の名門男子校から失踪。捜索を命じられた使用人の至は、10年前の面影だけを頼りに彼を追い続ける!!一途で純粋なオトコの愛の源流がここに!大幅に加筆訂正した渾身のラブストーリー!!

ジャンル
出版社
芳文社
掲載誌・レーベル
花音
ページ数
516ページ
電子版発売日
2011年06月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

我らの水はどこにある のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「おっきくなったら法律を変えて、男同士で結婚できるようにするんだ。そしたら、僕と結婚してくれる?」10年前、約束を迫った竜彦坊ちゃんが、全寮制の名門男子校から失踪した。捜索を命じられた使用人の至は、昔の面影だけを頼りに竜彦を追い続けた・・・が
    ある意味主従もの?メガネ受のワイルド(可愛い)攻です。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この人の絵はさっぱりしてていいね。
    女王様で敬語受け、萌えた。至萌え。
    エロもほどよく濃厚でなんだかんだで甘々。
    ユギ氏ではこれが断トツ(・∀・)イイ!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月23日

    こう言う長い人生を追ってくれるBL作品好きです。長い間の想いとか成就すればなおさら嬉しいもの。そういう読ませる作品多いのはユギ先生の作品のいいところだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月04日

    「おっきくなったら法律を変えて、男同士で結婚できるようにするんだ。そしたら、僕と結婚してくれる?」10年前、幼い瞳を輝かせて約束を迫った竜彦坊ちゃんが、全寮制の名門男子校から失踪した。捜索を命じられた使用人の至は、昔の面影だけを頼りに竜彦を追い続けた!!一途で純粋なオトコの愛の源流がこきにある!大幅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

    家出したおぼっちゃまと、彼を追いかける・・・なんだろう、養育係?年上メガネ細身受けはごちそうです。
    相変わらず山田ユギ、とにかく安定して面白い。現在BL界ナンバーワンの実力を誇る・・・と思うほど、大好きな作家です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月25日

    サラリと満足。ミステリーな感じで話しが進んで、ユギさんらしいギャグテンポでサラサラ読める。もっと長い話でも良さそう。メインカプを食っちゃうほど友達の真治が複雑な心理を持ってたのも、メインの竜彦の存在あったからだし良かったけど、尚更、深く突っ込んで欲しかったかな~。でも楽しかったからいいw可愛いお坊ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月21日

    竜彦がとても高校生には見えず、小さい頃とのギャップに驚きました。でもそれも一途な想いが要因だと思えば可愛いなぁと(笑)広重と真治の関係も切なかったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    お使えしていた坊ちゃんと離れて数年、全寮制高校から突然姿を消した坊ちゃんを探す事になった至。
    可愛らしかった坊ちゃんはすっかり男前に成長していたのでした。
    男前な年下攻め。メガネ受け。
    テンポよく進ませていくのが上手な作家さんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    昔はあんなにかわいかったのに今やワイルド系お坊ちゃま×10歳年上世話係メガネ、なお話。サイドにある広重&真治が悲しくて苦しい。元はあんなに似ていたのにどうしてこんなに違ってしまったのか。シリアスな部分を抱えつつもストレートなお坊ちゃまに癒される(?)マンガ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月02日

    地元名士息子×使用人息子

    「ぼくとけっこんしてくれる?」
    両親よりも誰よりも好きだと言った幼い子供は、高校の寮に退学届を置いて失踪した。
    その行方をさがしながら、使用人の息子は昔の思い出を反芻する。
    ようやくみつけたその子は、面影もなく大きく成長していた。

    最初はいきなり高校生が大人をおしたおし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

我らの水はどこにある ページトップヘ