一般の日本人にとってはいまだ謎の多い外資系企業。 三流大卒、埼玉のOLだった著者が見た、その本当の”実態”とは……?東洋経済オンラインで30万アクセス!1位獲得の人気連載を大幅加筆!
【目次】
第1章 採用 三流大卒でも外資系金融に入れる!
第2章 出世 「実力主義」という大ウソ
第3章 働き方 金、金、金、そして夢
第4章 解雇 クビは日常茶飯事です!
第5章 エリート? 海外で出会った人々のリアル
第6章 JAPAN 日本企業はかなり変だった!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
電子版発売日
2015年05月20日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2018年06月29日

ゴールドマンサックス証券という、「バイタリティ(押しつけがましさすら感じるほどの覇気、元気など)」、「タフさ(理不尽というものすら力に変えてしまうほどのエネルギー、やるきなど)」を求められる、外資系企業の中でもそのトップ層に君臨する投資銀行に努めた経験をお持ちの、女性が書かれた本です。

MBAホル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2017年07月18日

ブログやエッセイのノウハウ本として面白い。
読み手を引き付けるパターンをおさえた書きぶり。
著者は自分の得意パターンを愚直に繰り替えす。成功の秘訣だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年12月29日

面白い!

何かに挑戦するとき、年齢はナンバーにすぎない。遅すぎるということは決してない。
人生で何か選択肢が現れたら、心がワクワクする方へ!

順番待ちをしなくていいのが外資系のいいところ
失敗しても、死にはしないよ。何にでも思い切って飛び込むんだ。
チャンスをつかみ今の境遇を最大限利用しよう。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2015年08月16日

外資系の特徴をよく表している。が、外資にもいろいろあり、著者の勤めていた金融は特にこうなのだと思う。金融界はどの企業でも同じ業務があり、転職しやすいのが特長。だからこそ、チームを統率したりする能力が求められる。という真面目な本ではなく、赤裸々にその実態を語っている、英語力より人間力だと言っているが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2015年06月16日

外資系金融とかであるとビジネス本などで読むスマートなイメージがあったけど、やはりそれだけではないんだなぁと単純にしみじみ。働く上での考え方で気づけることも多かった。

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2018年10月27日

いわゆるビジネス書とはちょっと系統が異なる本ですけれども「ビジネス」の世界、それも自分はまったく知らない外資系の世界を垣間見れるかもと思い手に取りました。自分がこれまで働いてきたそれとはまったく違う世界が広がっており、いつクビになるかわからないという状況であることを考えると収入は良いかもしれないけれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2017年10月15日

外資系で働いてる人ってこんな感じだよ~と軽い雰囲気で紹介した本。人事件が上司にあるから上司に媚び売るとかはイメージと少し違った印象。年齢に関係なくやりたいことをやってみればいいと思わせてくれる本。

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2015年12月25日

読み物としては面白かったです。
外資系って大変だなぁという印象ですが、
責任を取るために高い給料をもらっているというのは納得。
ノウハウを学ぶという類の本ではなかったです。

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2015年08月18日

東洋経済オンラインの記事をまとめた形。
ジョブディスクリプションが明確なところが外資系の良いところか。
一番刺さったのは、部下は上司のために仕事する、という箇所。
その通りで、上司にとって欠かせない存在になることで、スイッチングリスクを軽減できる。

このレビューは参考になりましたか?

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

Posted by ブクログ 2015年06月26日

心にさくっときました。
すごく新しいことが書かれているわけではないのですが、ストレートな表現なので、自分の普段の振る舞いを振り返ったときにさくっときました。
先に出版されたコミックと同じ内容も入っていますが、こちらの方が情報が多いです。
マンガの情報を伝達力に驚きました。

このレビューは参考になりましたか?