ミモザでサラダ
  • 完結

ミモザでサラダ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

両親と祖父を亡くし、莫大な財産を相続した屋敷の一人娘・ミモザ。独りぼっちになった彼女は、祖父の遺言でボディガード・カイルと暮らすことになるが、彼はなんとロボット!? 彼女だけの命令を聞くカイルに守られミモザは次第に??!?(このコミックスには「【プチララ】ミモザでサラダ story01~04」の内容を収録しています。)

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
LaLa
電子版発売日
2015年05月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
39MB

関連タグ:

ミモザでサラダ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年02月23日

    とてつもない年齢差に微妙さを感じつつも、それすら気にならなくなせてドキドキなラブストーリー。
    森生さんの描かれる男の子(人)にはやられっぱなしです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    森生さんの作品の中で一番好きかも。
    ミモザが一途で可愛い!あんな子になりたいと
    思ってしまう…。
    お気に入りは第3話の離れ離れになる回。
    タクシーの中のキスシーンが好き♪

    あとがきのエピソードも申し分ないので★5つ!!
    続きが見てみたい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    【完結済】<全1巻>
    すごい良かった!まず設定が大人の男×少女っていう時点でやられた。その設定に負けないぐらいの話の内容。
    すごく良かった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    祖父を亡くした主人公・ミモザに、ボディーガードのカイルが現れる。カイルのことをアンドロイドだと信じ込んだミモザは・・・。森生先生の作品で1番好きな話。子供のミモザが綺麗な大人と成長していく姿がいい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    まさみ森生氏バンザイな一作。定番といえば定番なキャラクター設定、シチュエーションではありますが、読みながら身悶えるようなだだ甘さをここまで出せるのは、この絵柄だからだろう!と。それにしても、白泉の単巻ないし読み切りはレベルが高いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    森生先生のキャラは泣き方が可愛い。

    主人公のミモザがめっさかわいい!!
    そしていいのかカイル!ニヤリ笑いがステキだ!!カイル!(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ほのぼの、だけど可愛くてかっこよくて、キュンッ♡ってする。
    組み合わせがいいんですよ、組み合わせ♡

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    祖父が亡くなり、財閥の跡取りとして残った主人公にボディーガードとしてつけられたのは、亡き祖母が発明したアンドロイドだった!?
    生きるのに少しのチョコレートとアルコールがあればいいというアンドロイドが気になって気になって・・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    幼女なご主人様ミモザとロボットボディーガードカイルのお話。カイルが格好良いです。最初のほうが犯罪臭くて好きでした(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月29日

    お金持ちの少女と、チョコレートが燃料のボディーガードロボットという、いわゆるシチュエーションもののラブコメ。

    とにかく甘いのなんの……読んでいて恥ずかしくなるくらいです。
    ヒロインがただの子どもから少女へ成長していく中でのボディーガードの戸惑いが見どころのひとつです。

    短編連作みたいな形をとって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています