孤独の研究
作者名 :

1巻配信中

価格 450円 (税込)

人生の最高の友であり、最大の敵でもある孤独とのつき合い方とは? お金で孤独を買ったピュリツァー。34年間1万7千ページの日記を生涯の唯一の道連れとした大学教授アミエル。深い孤独から後世に残る偉大な作品を創造したニーチェ。自分の音楽の完成のためにステージを去り、録音スタジオにこもったピアニスト、グールド……など。古今東西9人の人物に〔孤独〕の生き方を探る、本格派人生論。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
447ページ
電子版発売日
2015年05月01日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

孤独の研究

Posted by ブクログ 2014年03月06日

父の本棚にて。

「孤独」に対する見方が変わった……というより、読みたい本、知りたい人が増えた、という感じ。
プルースト、ずっと読みたかったけれども倉橋由美子さんが二十歳越えてからでないと楽しめない、って書いてたのでまだ読んでいないけれども、もう読んでしまおうか……待ちきれない。

このレビューは参考になりましたか?