赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は

赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「恋した相手と結ばれない」という預言に縛られた王女ジゼラ。一騎当千の力を授かる“針騎士”を叙任できるのは彼女だけ。国中の男達から狙われる中、自分の命を救った武器商人オルスを“黒の針騎士”に選ぶが…!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 角川ビーンズ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2015年06月01日
紙の本の発売
2015年04月
サイズ(目安)
6MB

赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年09月30日

    久々に面白かった。3巻出るといいな。預言の解釈で、この言葉をどう取るか、という点では大学の授業とかで哲学・芸術解釈に色々な意見が出てくるのと似てるかも。ソードが姫様主義になった背景を詳しく知りたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月02日

    面白かった! 針姫まわりの人間関係力関係がややこしくてちゃんと話に入り込めたの後半になってからでしたが。
    庇護されるだけの愚かな姫にも自力で運命を切り拓く賢い主君にもなり切れないジゼラが針騎士に両脇を支えられてしゃんと立つ姿が素敵です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月25日

    世界観が好みなので、続きが気になってどんどん読み進めた。
    挿絵もステキだし、騎士たちもかっこいいし、ヒロインが強気なのも好み。
    ただ、私の脳味噌がお粗末なのか、予言の解釈を二転三転、深読みしたり解釈を変えていくのについていけなくて、若干置いてけぼり感もあったかな。
    そこがもうちょっとわかりやすく説明...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています