ジュリエットXプレス

ジュリエットXプレス

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

寝台特急での誘拐事件に遭遇した少女。学生寮でスナッフフィルムの噂を語る少女。そして、ある少女の自宅に侵入してきた殺人鬼。大晦日を超えた45分後、3人の少女たちの運命は!? 衝撃のリアルタイムノベル!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年04月16日
サイズ(目安)
2MB

ジュリエットXプレス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月22日

    大晦日の23:45~元旦0:30まで、45分間のミステリー★

    寝台特急の中で誘拐事件に巻き込まれる。
    高校の寮で奇妙な噂の探究に巻き込まれる。
    自宅に殺人鬼が侵入してくる。

    侵入してきた殺人鬼との格闘場面は、なんだか気分が悪くなるくらいリアルで恐いです。。

    読み進めていくうちに、バラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    2008/8/15
    単純でおもしろ怖い。
    結末も含めて外国のホラー映画のようにあっけらかんとしててあとくされなく楽しめた。
    こればっかりじゃイヤだけどたまにはこういうスパコーンと単純なのもいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月14日

    最初は、どうかなと思っていたのですが、途中からは飽きずに最後まで一気に読みきって楽しめた感じです。
    3つの話がつながる様は、ちょっとあっさり目で、もう少し含みを持たせてじりじりとでも良いかなとも思いましたが、テンポ的には軽快に行けたので、これはこれでよいのかも!?
    「そのケータイはXXで」の人な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月06日

    良くも悪くも非常に読みやすい
    ジェットコースター本でサクサクと読み進められます

    別々の場所で起こる3人の主人公の事件が最後に一つの出来事に集約されます


    細かい描写が大雑把に感じられますが
    そこさえ気にしなければ楽しく読める一冊です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    いつもこの方の本では、
    「うおお、続き気になる!止まんない!止まれない!でもまだこんなにページ数残ってる、厚っ! これ一体何時に読み終わんのよ!!」っていう変な焦燥感と
    読み終わった後の「つ、疲れた……」っていう体に力の入らない、ちょっとボヤーッとする時間が好きだったから、
    この本は厚みが薄くてこの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    様々な登場人物の視点で文章を書き、最終的にはそれらがひとつにつながるという著者が得意とする形で書かれた文章でした。
    著者の作品は好んで読むのですが、いつものような恐怖感がなく、少し残念です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月02日

     実は命に関わる病をかかえ、最後の思い出にと一人旅のために寝台特急に乗っていた坪内真夕子。実家には帰らず、自分の寮の部屋で静かに年末年始を過ごそうとしていた佐倉遥。そして、自宅でいつものように弟とケンカのようなやりとりを交わしていた藤岡智美。全くかかわりの無さそうな3人はそれぞれ、大晦日の夜にありえ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    病院での待合の時間つぶしに二度目を読んだ。やはり、この人の作品は肩肘張らずに読めるところがいい。やや擬態、擬音が誇張されすぎて鼻につくところも無きにしもあらずではあるが、スピード感と読んだあとの爽快感はさすが。今回は物語の時間軸にのっとって意識的にページ数も少なくしたとあとがきにもあったが、薄さを感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月18日

    学生寮で起こった失踪事件、特急列車の中の誘拐事件、女教師宅の強盗事件、この3つが同時に展開する。
    “ありえねー”と思いつつ、面白くてサクサクよめる。緊張感もたまらない。なかなか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています