40文字でわかる 銃の常識・非常識
  • ptバック

40文字でわかる 銃の常識・非常識

作者名 :
通常価格 430円 (税込)
獲得ポイント

66pt

  • 15%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「拳銃はどのくらいの距離まで当たる? 」
「防弾チョッキで銃弾は本当に防げる? 」
「プロから見て、映画の主人公の銃の撃ち方は本当に正しい?」
「ショットガン vs サブマシンガン 突然の遭遇戦で強いのはどっち?」

元陸上自衛官が、銃の素朴な疑問をわかりやすく解説。

この1冊で、拳銃からアサルトライフル、スナイパーライフル、マシンガン、サブマシンガン、ショットガン、弾丸が一気にわかる!
写真・図134点収録!!

例)
[Q]映画のように走りながら撃って当たる?
[A]銃の照準はわずかな揺れでも乱れる。心臓の鼓動だけでも体が揺れて命中率に影響すると言われるほどだ。なので、走行中に撃っても、素人・凡人ではまず当たらない。
それでも、特殊部隊員なら、10メートル程度の距離であれば、走りながら撃って敵の頭部に命中させる。

[Q]車のドアや死体で銃弾を防げる?
[A]アクション映画では、車のドアや机、死体などを楯にして銃撃戦が繰り広げられる、といった描写がある。しかし、結論から言えば、それらは“きれいに”貫通するので、遮蔽物としての防護効果はほとんどないと言ってよい。
オフィスの中なら、ギッシリと中身が埋まった本棚は意外と有効な遮蔽物となりうる。

ジャンル
出版社
パンダ・パブリッシング
電子版発売日
2015年04月10日
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play