日本郵政―JAPAN POST

日本郵政―JAPAN POST

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

眠れる獅子は動き出すか?マンモス企業である日本郵政が持つ2兆円以上の莫大な資産と、ヒト、モノ、カネのネットワークを生かせるか?――「郵便」事業の始まりから、日本郵政の持つ莫大な資産と潜在成長力の検証まで、甘すぎず、でも辛すぎない分析・提言をしており、2015年秋上場予定の日本郵政の実力をじっくり吟味できる。海外の成功事例・失敗事例も豊富で、分析もわかりやすい。

【主な内容】
プロローグ
第1章 誕生、民営郵政
第2章 創業から民営化へ
第3章 実力の検証――郵便、郵便局
第4章 実力の検証――ゆうちょ銀行
第5章 実力の検証――かんぽ生命
第6章 実力の検証――不動産事業
第7章 海外の郵政事業
第8章 日本郵政の明日を担うもの――明るい未来を
第9章 上場へ
エピローグ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
248ページ
電子版発売日
2015年03月20日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

日本郵政―JAPAN POST のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月09日

    郵政民営化で上場前の日本郵政の3社について大学教授の著者が解説した一冊。

    民営化の流れから郵便事業の誕生からこれまでの流れ、そして郵便・銀行・保険の3事業の現状とこれからの見通しについて、そして海外の郵便事業の行う会社の取り組みなど郵便事業について知ることが多くあり読んで勉強になりました。

    全国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月09日

    郵政よりのスタンスで書かれており、批判も織り混ぜた内容を期待すると若干物足りない。諸外国の郵政政策に関する記述は参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています