クズと金貨のクオリディア

クズと金貨のクオリディア

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

プロジェクト・クオリディア始動――!! 底辺高校生・久佐丘晴磨(くさおかはるま)と、天使のような後輩・千種夜羽(ちぐさゆう)。同じ階層にいられるはずのなかった二人は、とある偶然をきっかけに接近してしまう。 異常気象、異常現象、異常行動……少しずつ歯車が狂いだしていく二人の日常と奇妙な都市伝説。 曰く「ランダム十字路」――真夜中、突き当たった丁字路で誤った道を選ぶと、二度と帰ってこられない。 行方不明の女子をなりゆきで一緒に追うなか、晴磨と夜羽の思惑は大きくすれ違い……!? レーベルを越えて広がる新世代プロジェクト第一弾! これはふたつの視点から紡がれる、終わりゆく世界とめくるめく青春の物語――。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ダッシュエックス文庫DIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
280ページ
電子版発売日
2015年02月25日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

関連タグ:

クズと金貨のクオリディア のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年02月05日

    作者買い。個人的にはかなりの良作!人気の2人の作家が主人公とヒロインの2つの視点で交互に書き連ねていく斬新なスタイル。渡節の八幡的な詭弁は期待通りのハネっぷりだったし。ヒロインのかつてないキャラなども良かった。最後にはラノベではあまり見ないアレなシーンが出てきたり、ラストのセリフで気の利いたオチがつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月22日

    いや、なんというか、すごいな。

    俺ガイルの渡航と変態王子のさがら総の合作作品。
    なにやら関連物語が夏アニメになると聞いて、手元に買ってあった本作を読んでみた。
    男女交互語りの形式で、男性はモロ八幡かと言うほど渡航の登場人物そのもの。
    一方、ヒロインはなんとも自己中なトンデモ性格で、こっちがさがら総...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月23日

    完全にプロローグな1冊。わたりんがアクセルを踏み、さがら先生がシフトレバーを握っているそんな供著作かと。クズにはクズが寄ってくる類友理論で読者の幻想を殺しに来ている感じで某はまちへの対抗意識が見え隠れ……隠れてませんね丸見えです。わたりんの地の文は相変わらずセンスが光っていて面白かった。そして相変わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月25日

    MF文庫とガガガ文庫、両レーベルの最早看板作家と名乗れるであろうさがら総先生と渡航先生の合作というアオリに釣られて購入。
    二人の個性を引き出す為か主人公とヒロイン、2人の視点からこの物語は語られます。

    捻くれ者の二人のラブストーリーです。
    話しは結構ストレートに終わり、続刊用のネタも残しつつ、って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月25日

    結局クオリディアは競作の共通題材ということなのだろうか
    そういう形式なのだからか共作だからかとても狭い話
    ながら主人公2人のキャラづけの面白さはさすがのできばえ
    周囲をきちんと拡げていけばよい感じになりそうだが
    それをこの形式に期待するのは無理というものか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月08日

    八幡ほどひねくれていない主人公は、やや普通過ぎる感じ。それに比べてヒロインの千種夜羽はとても魅力的。こういう行動原理や思考が合理的で、しかも表裏紙一重型の性格の娘は好きだわ。しかしこれもクオリディアなの?本作はたぶんプロトタイプだろうけど、その後の作品群やアニメなどと題材や構造があまりにもかけ離れて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月07日

    クオリディアプロジェクトは橘さんの方から読んだからか、思いの外“普通の”ラブコメっぽくて拍子抜けしてしまった。最後の展開はラブコメの最終地点だけど想定外すぎたので末永く爆発したらいいよ(定型文)。とりあえず主人公は渡さんの方が手掛けてるのか、別世界のヒキタニくんですかね(笑)基本はクズなんだろうけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

クズと金貨のクオリディア に関連する特集・キャンペーン