鉄人28号 7巻
  • 最新刊

鉄人28号 7巻

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「十字結社の巻(下)」『少年』1962年12月号~63年5月号掲載。モンスターを操る殺人秘密集団と正太郎&復活なった鉄人が対決する後半では、ロボットVSロボットの戦いが大迫力で展開される。冒頭の「これまでのあらすじ」と雑誌連載とは独自の編集により大幅に改変されたラストが追加して描き下ろされている。

ジャンル
出版社
復刻堂
電子版発売日
2011年04月28日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
15MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 鉄人28号 1巻
    550円(税込)
    「アリ事件の巻」『少年』1961年11月号~62年3月号掲載。巨人アリの来襲を利用して、密輸の取引相手殺害を計画した密輸団首領と、彼らを追う少年探偵・金田正太郎の推理対決が冴える、ミステリ色豊かな一篇。巨大生物ものというSF設定も興味深い。刊行当時すでに光文社ハードカバー版に収録された前半部分を省くなど、独自の編集がなされている。
  • 鉄人28号 2巻
    550円(税込)
    「超人間ケリーの巻(上)」『少年』1961年5月号~8月号掲載。雑誌連載では「知能ロボット・ロビー篇」から連続したエピソードとして描かれた人気エピソードだが、「カッパコミクス」版は独立した一篇とするため、ギルバードが奪われる冒頭かドラグネット博士邸を正太郎が訪れるシーンなど、少なからず描き下ろしが追加されている。ギルバードと鉄人、カーチェイスや銃撃戦など、アクションシーンも魅力。
  • 鉄人28号 3巻
    550円(税込)
    「超人間ケリーの巻(下)」『少年』1961年8月号~11月号掲載。完結編。鉄人がロビーの手下によって破壊されたため、雑誌連載ですでに鉄人の強敵として登場していたブラックオックスが正義の味方として復活、鉄人の相棒としてギルバードらと戦う。サイボーグが敵というSF的な設定は当時、新鮮だった。冒頭カラーの「いままでのお話」などが描き下ろされている。
  • 鉄人28号 4巻
    550円(税込)
    「にせもの事件の巻(上)」『少年』1962年3月号~6月号掲載。鉄人のにせものと本物をすり替え、その間に鉄人の「操縦器」に使われた先端技術の軍事利用を目論むS国スパイ団。目撃者の誘拐や敷島博士の拉致と救出劇など、探偵マンガとしての読みどころもたっぷり。冒頭に、鉄人誕生秘話が新たにカラー8ページにわたって描き下ろされた。鉄人開発の消息が雑誌版と異なる。
  • 鉄人28号 5巻
    550円(税込)
    「にせもの事件の巻(下)」『少年』1962年6月号~9月号掲載。にせ鉄人と本物とのすり替えに成功したジキルスキーたちスパイ団が、鉄人を使って正太郎たちを攻撃、逃亡劇を繰り広げる、完結編。スパイ団の乗った潜水艦が爆発するラストなど、連載時にくらべ大幅な改変が行われたため、よりスピーディーな展開が魅力を増している。
  • 鉄人28号 6巻
    550円(税込)
    「十字結社の巻(上)」『少年』1962年9月号~12月号掲載。連載当時、人気を博したロボット「モンスター」が登場するエピソード。十字結社に奪われた怪ロボット・モンスターを鉄人の手で破壊せよとの依頼に応えるため、前巻で操縦器を壊された正太郎はどう立ち向かうのか…。著者の生まれ故郷である神戸の街を舞台に、十字結社や正太郎が繰り広げる追跡劇が手に汗握る。
  • 鉄人28号 7巻
    550円(税込)
    「十字結社の巻(下)」『少年』1962年12月号~63年5月号掲載。モンスターを操る殺人秘密集団と正太郎&復活なった鉄人が対決する後半では、ロボットVSロボットの戦いが大迫力で展開される。冒頭の「これまでのあらすじ」と雑誌連載とは独自の編集により大幅に改変されたラストが追加して描き下ろされている。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「青年マンガ」ランキング