うみまち鉄道運行記 サンミア市のやさしい鉄道員たち

うみまち鉄道運行記 サンミア市のやさしい鉄道員たち

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

西海岸の港町を走るサンミア湾電鐵。女性運転士のメグと車掌のシャーリーのコンビが乗務する電車『リトル・フェアリー』に、無賃乗車犯の少年が乗り込んで……? ふたりの少女と電車を巡る、心温まるストーリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2014年11月26日
紙の本の発売
2014年11月
サイズ(目安)
1MB

うみまち鉄道運行記 サンミア市のやさしい鉄道員たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    続きが楽しみ!

    ヒロリン 2020年05月10日

    主人公の二人の優しく頑張って生きている姿に心が洗われました。
    世知辛い日々を忘れさせてくれて、優しい気持ちになりました。
    これからの二人の活躍が楽しみです。
    鉄道の事が詳しく書かれていて引き込まれてしまいます。
    続きを早く読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月03日

    面白い!
    米国サンフランシスコにかつて実在したライトレールに、日本の阪神間の私鉄競合状況をミックスし、サンフランシスコと神戸に共通する大地震による被災も加えた、鉄道で働く人々の群像劇。

    メグとシャーロットの二人だけを中心に据えて、彼女たちが働く姿と愛だの恋だのをキャピキャピ描いただけなら単なるラノ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    海沿いを走る電鐵に勤務する運転手と車掌コンビの話。

    連続短編で、主人公はその都度変わっていきます。
    芝居に間に合わせるため走る1話目。
    車掌から運転手となった彼の相棒の話の2話目。
    突如お召列車にされてしまった3話目。
    今でもやっているのか、な現金輸送な4話目。
    そうして日常に戻ったエピローグ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています