虚構としての『日本永代蔵』

虚構としての『日本永代蔵』

作者名 :
通常価格 7,480円 (6,800円+税)
獲得ポイント

37pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

西鶴の傑作『日本永代蔵』は周到に計算しつくされたフィクションである。現実にモデルを求め、致富道の金儲け小説として評価されてきた研究史、成立論に軌道修正を迫る画期的研究。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
笠間書院
ページ数
290ページ
電子版発売日
2014年11月14日
紙の本の発売
2002年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

虚構としての『日本永代蔵』 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています