藍色の瞳の女神と戯れて

藍色の瞳の女神と戯れて

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

パラノーマル・ロマンス“超能力者=動物に変身する種族”シリーズ第9弾!
狼チェンジリング“スノーダンサー”の副官インディゴは、4歳年下の仲間で群れの“追跡者”であるアンドリューから、熱い求愛を受けてとまどう。群れで上位に属する支配的なタイプの自分が、彼と付き合ってもうまくいくはずがない。だが拒絶されてなお、インディゴを伴侶として求めるアンドリューの想いは変わらなかった。魅力あふれる情熱的な求愛はいつしか気高い女狼の心をとらえ…巻末には特別短編を収録!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKSロマンス
ページ数
592ページ
電子版発売日
2014年10月14日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

藍色の瞳の女神と戯れて のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月06日

    〈サイ=チェンジリング〉シリーズ、9作目!
    末っ子ブレンナ、長男ライリーに続き次男のアンドリューのお話。
    この三兄妹のお話、全部好きだわー!
    ブレンナとジャッドが一番好きだから、二人が出てきたのも嬉しい。
    *
    アンドリューのアプローチが可愛かったなぁ。
    年下男子可愛い(´,,•ω•,,)
    インディゴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月30日

    スノーダンサーのアンドリュー・キンケイドがインディゴ・キンケイドを口説くのが7割で、残りがサイのヘンリーとショシャーナ・スコットとの陰謀との戦い。
    大きな戦いの助走って感じで、次のヒーローはホークだしストーリーが大きく動くのかな?
    削除シーン『狼の学校』

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月05日

    狼・副官インディゴ姉 * 4歳年下狼アンドリュー がひたすらイチャイチャするお話♪ バトルはちょっとお休み気味。 次巻は、ついにやせ我慢の「あの人(狼)」!!!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています