Web制作者のためのCSS設計の教科書

Web制作者のためのCSS設計の教科書

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「予測しやすい」「保守しやすい」「再利用しやすい」「拡張しやすい」CSS設計の教科書が登場!コンポーネントやCSSプリプロセッサを意識した設計・管理の実践など、「ちゃんとCSSを書く」ためのプロの考え方を徹底解説。「セレクタが複雑になってしまう……」「オブジェクト指向CSSってなに?」「考え方はわかったけど、どう組めばいいの?」そんな人のバイブルになるのが、この本です。破綻しやすいCSS、セレクタのリファクタリングなどの基本から、OOCSS、SMACSS、BEMなどのコンポーネント設計のアイデア、実際によくあるパターンのコードの組み方までを丁寧に解説。また、注目されはじめた「Web Components」についても説明します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
インプレス
ページ数
216ページ
電子版発売日
2014年10月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

Web制作者のためのCSS設計の教科書 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    今までなんとなくで書いていたFLOCSSについての理解を深めることができた。

    3回同じパターンが来たらコンポーネントを考えるを基準にCSSの設計をしていこうと思う。

    CSSガイドラインを作る時にとても役に立つ知識
    繰り返し読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    セレクタや疑似要素、プロパティなどを覚えればそれほど難しくないCSS。
    しかし、自由にかけてしまうからこそ、後のコード管理も踏まえて書くことが大事です。
    最初は数百行程度でも、ページや要素の追加によってあっという間に数千行に達することもありますが、そうしたCSSはメンテナンス性が低く、また再利用しづ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月02日

    CSS を書くにあたり事前に設計を知っておきたかったので読んだ。よくある教本では見られないような Web 業界での知恵を得ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月18日

    CSS設計の基礎から実践のヒントまで一続きに全体を理解できる良書でした。ちょうどいい厚さ。何故CSSに設計が必要なのかという理由からOOCSS,SMACSS,BEMなど話題になったCSSの設計のコンセプト、よくあるコンポーネントを例にした実践方法、ちょっと先の未来に来るであろうWeb Compone...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    web作成を趣味としているが、cssがどうしても冗長化したり、スパゲティになってしまうことが多々あった。この本は、そんな悩みに指針を与えてくれる。cssをある程度使っていて、キレイなコードを書きたい人にオススメの本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    CSSを触ることがある人は必読。今後自分でサービスを作るにしても、組織にジョインするにしても、それぞれ何かしらこの本で紹介されているCSS設計がベースになっているはず。OOCSSはどの設計においてもベースになっているし、BEMに関しては命名規則としてその地位を築いている。多少の違いはあれど、基礎は押...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    BEMの習得のために読んだ。ある程度大きい規模にならないと、コンポーネント化の恩恵は受けられなさそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月25日

    Webデザインをやるうえで欠かせない技術であるCSSをどのようにして設計するかについて書かれています。いろいろな設計パターンが紹介されていますが、いずれもHTMLのDOM要素をうまくコンポーネント化しようとする努力が払われています。フロントエンドに携わる人には実務に直結する知識です。ちょうど知りたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月16日

    これまで、CSSってどういう状態ならきれいなのかどうかが全くわからず、どうしたものか〜と頭を抱えていました(そのあとCSSを触らなくなっていったのですが…)。そんなときに欲しかった答えがこの本にはありました!
    漠然とclassセレクタを使いまわしていたりはしていたのですが、この本にはなぜ使い回すのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月04日

    最近のCSSのコーディンぐ技法について網羅
    CSSはセレクタなどがグローバルとなるため、巨大で長期的な文書やWebサイトを管理する際には、保守が問題となる。これを防ぐためのテクニックについて、最近の手法などが多数紹介されている。

    大まかには以下2点の原則を元に、classの命名規則の手法や使い分け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

Web制作者のためのCSS設計の教科書 に関連する特集・キャンペーン