ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ―わがソニー・ピクチャーズ再生記―

ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ―わがソニー・ピクチャーズ再生記―

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ソニーで長いこと電機製品を売ってきた私が、突然命じられた片道切符の「出向」。行った先は、業界最下位にあえぐアメリカの大手映画スタジオだった──。日本人初のハリウッド経営者として、瀕死のコンテンツ産業を救うさまざまな方策を編み出し、見事トップを争う会社へと立て直した著者の、工夫と粘闘のストーリー。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
新潮社
ページ数
220ページ
電子版発売日
2014年07月11日
紙の本の発売
2013年10月
サイズ(目安)
2MB

ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ―わがソニー・ピクチャーズ再生記― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年11月30日

    タイトルがやや煽ってるなと思ったが、ソニーピクチャーズの苦境から好転までが当事者の立場から分かりやすく物語られていて、とても面白かった。日本のソニー本社とハリウッドのソニーピクチャーズの関係性や、映画事業以外のソフト事業の一部も伺い知れる良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月04日

    ビジネス書、というより面白いノンフィクションを読んだ感じでした。
    「ビジネス」にはあんまり縁がないわたしでも、ハリウッドビジネスの裏側が、当事者の(と言っても国籍やビジネスのジャンルとしても異邦人)の視線で覗けるようで、わかりやすく、興味深かったです。
    頑張る日本人ってかっこいいと思うんだよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    経営状態がよくなかったソニーピクチャーズをどのように再生していったかについて。映画産業がどういう仕組みでビジネスをしているのか、なぜ、ソニーピクチャーズがその中でうまく行かなかったのか、それを改善するために何をしたのかについて。見た映画に、こんな背景があったのかと驚く。ソニー本体にもこういうことがで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月27日

    ビジネスマンに読んで欲しいと著者は思って書いたそうですが、私は「ハリウッドってこんなところだったんだ」と実際そこにいた人から話を伺う感覚で読み終わりました。
    ハリウッドってアメリカの象徴だとおもってましたが、ソニースタイルとハリウッドのクリエイティビティをコラボさせたのは凄いですね。
    ソニーが新しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月01日

    ハリウッド映画産業の見かけの華やかさとは裏腹に(いや、そのまんまというべきか?)アバウトな人とお金の使い方のせいで傾きかけていたソニー•ピクチャーズを再生させた野副さんの事業再生顛末記。ポートフォリオという概念を映画製作に持ち込んで成功した下りが印象的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月22日

    SPE副社長を勤め、経営建て直しを実行した野副氏のストーリー。(1)テンプレートとポートフォリオ。個々の企画をジャンルと予算規模でグループ化。規模、ジャンルの異なる複数作品の組合せでの興行収入の最大化。大型作品は1〜2本まで。ジャンルはアクション、SF等。主演スターで引っ張る中型作品は5〜6本程度。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月30日

    ソニーピクチャーズをどのように再生したかという回想録。もう少し映画のポートフォリオがシステマティックなのかと思ってたけど、やはり感性に頼るところが多いのかもしれない。興味深いハリウッド内幕本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    ソニー経営者によるコロンビアピクチャーの再生ストーリー。
    クリエイティビティとビジネスをどうバランスをとるのかがテーマ。
    著者によれば、必ず両立できるという。
    さらに決定のスピードと国際化が鍵なのだそうだ。
    メーカーとして積み上げ式の生産管理を得意とするソニー方式を映画界に融合させるとことがオモシロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月14日

    ソニー・ピクチャーズエンタテインメントについて記載されている書籍。ソニー・ピクチャーズの話のみならず、ハリウッドビジネスについても学ぶことができる。1年以上前からシナリオができあがっていたり、シナリオ作成時点でシリーズものにするか否かの伏線を張るか判断するなど興味深いエピソードが多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月10日

    「コロンビア映画」と書かれているのだが、ソニーが買収する前の「コロムビア映画」という表記の方がピンとくる。どうでもよいことですが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング