日本の特別地域 特別編集49 これでいいのか 静岡県 浜松市(電子版)

日本の特別地域 特別編集49 これでいいのか 静岡県 浜松市(電子版)

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は静岡県浜松市民の「本当の姿」に挑戦した一冊である。
浜松市は度重なる合併を経て2005年、11市町村を版図に加える超広域合併を見事に実現、県内最大の80万都市として再出発をした。

そんな浜松の代名詞は、徳川家康から連綿と続く、立身出世に燃える野心の精神といえる。

時代に翻弄される家康本人が「今に見ていろ」と雌伏の時を経て、大きな野望をつかみ取る礎としたのがこの地であり、浜松城からはその後、5人もの城主が江戸幕府の老中へと上り詰めた。
浜松城をして、出世城の異名を取るのも納得である。

一方で、東京と名古屋の中間地点に当たる宿場町として古くから栄えた浜松は、文字どおり地の利を生かし、あるいは温暖な気候を武器にして発展していった。
第二次世界大戦時の浜松大空襲という大打撃さえはねのけて、昭和以降、織物業をルーツとする工業の街として大発展を遂げる。
江戸までの政治から工業へと大きく舵は切られたが、「負けてたまるか」という「やらまいか精神」は同様で、この浜松魂を力に成就させてきた。

しかし現代、全国的な交通網の整備、世界基準のグローバルなもの作りが求められている中、工業立国・浜松の向かう先には何があるのか。
長引く不況に立身出世も容易ではない。

出世・野心で版図を広げ、もの作りの実力を世界に知らしめてきた浜松市は、今、どこへ向かっているのか。
取材やデータを元に本書が解き明かす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
マイクロマガジン社
掲載誌・レーベル
日本の特別地域
ページ数
144ページ
電子版発売日
2014年07月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
66MB

関連タグ:

日本の特別地域 特別編集49 これでいいのか 静岡県 浜松市(電子版) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月04日

    このような本が出ているとは知らなかった。
    帰省した際、浜松を中心にして静岡県下に展開する書店「谷島屋書店」で発見し即購入。
    上京して随分時が経つが、年に何度か帰省する度に浜松の街が少しずつ変わっていっていることは感じていた。
    西武浜松がなくなり、丸井もなくなり、しまいには老舗百貨店であった松菱もなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています