生徒会ばーさす!1 ~お嬢様学園の暴君~

生徒会ばーさす!1 ~お嬢様学園の暴君~

作者名 :
通常価格 418円 (380円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【SD名作セレクション(テキスト版)】お嬢様学校・白姫学園の生徒会長・天井院神菜は、圧倒的な美貌と絶対的な権力で、学園に君臨していた。ある日、その白姫学園に男子生徒たちが転入してくる。名門女子校に入れることで喜び勇む男子だが、神菜が彼らに告げたのは、女子と同じ制服で学園生活を送れという理不尽な命令だった! 横暴に立ち上がる男たち。その先頭に立った紫藤水樹は極悪非道な作戦を立てて、生徒会に戦いを挑む! プライドを懸けた待ったナシの真剣勝負、のはずが、実は神菜と水樹にはある関係があり…。まったり学園ギャグコメディ、始動!※この商品にはイラストが収録されていません。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
SD名作セレクション(テキスト版)
ページ数
246ページ
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

生徒会ばーさす!1 ~お嬢様学園の暴君~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    〇屁理屈合戦ともいえる会話や行動に面白さを感じる。次に何を考えているのか推理しながら読むのもいい。画もかわいい。人間関係や背景が楽しい。

    9784086304924 2009・6・30 初版 244p

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なんか、いろいろ読んだことのある作品が混ざっている気がする話。とりあえず、クラス1の男の娘のイラストが気になる(ぉ

    このレビューは参考になりましたか?

生徒会ばーさす! のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 生徒会ばーさす!1 ~お嬢様学園の暴君~
    【SD名作セレクション(テキスト版)】お嬢様学校・白姫学園の生徒会長・天井院神菜は、圧倒的な美貌と絶対的な権力で、学園に君臨していた。ある日、その白姫学園に男子生徒たちが転入してくる。名門女子校に入れることで喜び勇む男子だが、神菜が彼らに告げたのは、女子と同じ制服で学園生活を送れという理不尽な命令だった! 横暴に立ち上がる男たち。その先頭に立った紫藤水樹は極悪非道な作戦を立てて、...
  • 生徒会ばーさす!2 ~ドリルお嬢様の襲来~
    【SD名作セレクション(テキスト版)】絶対権力者の生徒会長・天井院神菜との勝負に勝ったものの、結局セーラー服を着させられている水樹たち男子生徒。水樹はいま一度勝負を仕掛け、神菜を出し抜こうと、策略をめぐらす。ある意味激アツなその攻防の中、土御門エレナという金髪縦巻きの超お嬢様が現れ、神菜に宣戦布告をする。クーデターを起こし「真生徒会」なるものを発足させて、学園を支配するというの...
  • 生徒会ばーさす!3 ~爆走お嬢様の初恋~
    【SD名作セレクション(テキスト版)】神菜と水樹の制服変更を懸けた勝負も、期末テストのため休戦中。試験よりも勝負が大事な神菜は焦れるが、成績がギリギリの水樹は勉強に必死でとりあわない。そんなある日、後輩のご令嬢・鳳仙花ひなたが現れ、水樹に勉強を教わると言い出す。しかも付き人の影美が、水樹とひなたをいい雰囲気にしようと画策し始めた。それに危機感を覚えた神菜は権力を発動、またもやと...
  • 生徒会ばーさす!4 ~おっとりお嬢様の試練~
    【SD名作セレクション(テキスト版)】白姫学園も夏休みに入り、水樹他Z組の面々は、海へのナンパ旅行を計画する。それを聞いた神菜は、旅行は勝負に勝たなければ許可しないと強引に宣言した。そこへ神菜の従姉・翠が現れ、なぜか勝負に参加することに。美しく優雅なたたずまいだが、一筋縄ではいかない策略家の翠。徐々に彼女のペースになっていく中、水樹はその壮大な企みを知ることになり…!? 灼熱の浜辺...
  • 生徒会ばーさす!5 ~お嬢様たちのばーさす~
    【SD名作セレクション(テキスト版)】神菜との勝負が日常となっている水樹たちZ組。だがその申し込まれる勝負の回数は明らかに増えていた。神菜が何か焦っていると感じる水樹だが、その真意がわからずに困惑する。一方神菜は、自分の思いが水樹に伝わらず、いらいらしていた。彼女はその思いを成就すべく、ついに絶対権力の象徴である生徒会長兼理事長の座を懸けてのガチバトルを宣言。勝負には水樹たちのみ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています