全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2010年1月、会社更生法の適用を申請し、事実上経営破たんをした日本航空(JAL)の会長兼CEOに、日本政府と企業再生支援機構の強い要請を受けて稲盛和夫京セラ名誉会長が就任。著者も管財人代理・副社長としてこの難題に取り組んだ。JAL再建の切り札となったのが、京セラの経営管理手法「アメーバ経営」だった。その後、JALの業績は、当事者が驚くほど劇的に回復、2013年9月には会社更生法申請からわずか2年8カ月という短期間で、JALは東京証券取引所に再上場を果たした。
本書は、アメーバ経営の仕組みと具体的な実践方法を経営者向けに本格的に解説した初めての本。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
244ページ
電子版発売日
2014年07月18日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年07月23日

    稲盛さんが、築き上げたアメーバ経営という手法は、単なる方法論ではなく、「心の経営」と言われるように、人間の心の営みに重点を置いた経営手法と思う。

    人生の方程式:
    人生・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

    この方程式は、正しい考え方から大きな結果は生み出されるということを表していて、ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月04日

    「教科書」とタイトルについているだけあって、アメーバ経営の実践が分かりやすく書かれている。学者による専門書と、一般向け書籍の中間に位置するような印象。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月24日

    20150812
    JAL再生の成功事例を紐解きながら、京セラ、稲盛和夫氏の確立したアメーバ経営の実践的解説を試みる本書。特に、短期的定量を軸とした成果主義を否定し、長期的定性(人財育成、リーダーの資質、人格、コンプライアンス等)を加味した実力主義を提唱している点は特筆に値する。大いに参考にしたい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月13日

    アメーバ経営についての教科書。アメーバ経営のポイントがわかりやすく述べられている。
    事例も豊富でとてもわかりやすかった。

    アメーバ経営って、アメーバ同士の足の引っ張り合いだとか、個別最適化が起こらないのか気になっていたけど、
    この本で何となく解決方法がわかった。

    キーは徹底した数値化と、フィソロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月31日

    JALを復活させた稲盛さんとそのアメーバ経営の入門書。大きい組織をいかに上手く動かすか。10人程度の小さな自立したアメーバを単位にし、アメーバ単位で自分たちの利益を数字で把握し、かつ、全員が組織全体の経営のことも考えて動く。成果主義の真逆のフィロソフィー。利他の心などの精神主義だけでなく、それを必要...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月20日

    アメーバ経営の実践例がJAL以外のケースも紹介され、どのように組織に浸透させていくかが説明されています。採算部門として勘定できるようにしていく仕組みは発明です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月07日

    京セラ 稲盛氏のアメーバ経営に関する本。
    会社をアメーバと呼ばれる小集団に分け、その単位で採算を取るような仕組み。確かに結果、責任が明確に数値化できるとやる気に繋がるのだろうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月13日

    一人一人がコスト意識を持つ→例えばCAが搭乗時に持ち物を500g減らしたら燃料代がどれだけ浮くか、整備士が動線を改善したら人件費がどれだけ減るか。人間ってそういう情報がないと、常に余分を見てしまう。そこを断ち切るには、きちんと計算して提示しないとダメなのだろう。でも原価がハッキリすれば利益(=目標)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    京セラのアメーバ経営をJALで実践した森田氏が書いた本。
    アメーバ経営とは、少人数のチームでリーダーを中心に目標をたてて実践する経営のノウハウ。
    チームが自分たちの収支を時間単位の収益を把握することにより採算意識を高めることができる。
    医療分野にも応用できている。
    ① 誰にも負けない努力
    ② 謙虚で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月20日

     今回の本は、レビュープラス様からの献本です。ありがとうございます。

     JALを立て直すのに役立った経営方式を「アメーバ経営」というのを聞いてアメーバとはなんだろうと思った。著者曰く「採算部門の組織を5~10人という小さな単位(アメーバ)に細分化し、それぞれがまるで一つの会社であるかのように独立採...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

全員で稼ぐ組織 に関連する特集・キャンペーン