愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 1

愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 1

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「こんなに濡らして…いやらしいな、杏子」強引に唇を奪われ、突然始まった敏腕弁護士・筧(かけい)先生との秘密の新婚生活。憧れていた先生に求められるだけでも嬉しいのに、濡れたアソコの奥で繋がって…!あっ…そんなにしちゃ…もうっ!注がれる悦びに震え、淫らに開発されちゃってココロもカラダも旦那様の虜。そんなある日、元婚約者が帰国してきて!?そして上司にカラダで接待を強要…!?ヒミツの蜜月生活の行方はどうなっちゃうの―…!?

ジャンル
出版社
みつ*まめ
掲載誌・レーベル
みつ*まめ
電子版発売日
2014年05月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

関連タグ:

新刊オート購入

愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 1
    「こんなに濡らして…いやらしいな、杏子」強引に唇を奪われ、突然始まった敏腕弁護士・筧(かけい)先生との秘密の新婚生活。憧れていた先生に求められるだけでも嬉しいのに、濡れたアソコの奥で繋がって…!あっ…そんなにしちゃ…もうっ!注がれる悦びに震え、淫らに開発されちゃってココロもカラダも旦那様の虜。そんなある日、元婚約者が帰国してきて!?そして上司にカラダで接待を強要…!?ヒミツの蜜月生活の行...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 2
    「奥まで入って―…好きな人とするのってこんなに…!」筧先生との秘密の新婚生活…杏子を甘やかしてトロトロにして…!?「本当に感じやすい体だな」敏感なアソコを旦那様の手が優しく撫ぜる…二人の仲は超順調!けれど幸せな杏子の前に過去のトラウマ相手が現れて…!?「いけない子だな杏子…怯えることないだろ?」イケナイ相手と分かっていても…振りほどけない過去の気持ち…。杏子と斗真の幸せに迫り寄る影…そして新...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 3
    「エプロン姿って興奮するな」筧先生との新婚生活さらにステップアップ!そんな中、食事会帰りの夜の公園で「せっかく男嫌いになるように躾けてやったのに…―」と迫る過去のトラウマ相手・総司と斗真さんが鉢合わせて…!?「嫉妬…あの筧先生が私に…!?」斗真さんが洗い流すようにいつもより激しく包み込む。一方、二人の関係を察した総司は所長を動かし更なるたくらみを…。「俺のモノにならないなら…いっそ―…」
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 4
    「あの筧の女だっていうのも面白い」総司とともにかつて顧問弁護契約を打ち切られた代議士・名取のパーティーに行くことになった杏子。だが、名取は再契約の条件に杏子のカラダを要求する!?名取の口から語られる筧先生との過去の確執、その劣情のままに指先は杏子のアソコを容赦なく撫ぜる…「いい加減素直になったらどうだ?」そして、腰を掴まれて、もう…「嫌…斗真さん以外の人にされるなんて」そこに、総...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 5
    「総司さん…やめて…っ」杏子への想いが叶わず、逆上し迫りくる総司!「助けて…っ斗真さん…っ!」でも、その叫びはよりいっそう総司を興奮させて…「ふぁ…、どうしてこんな…」「これでもう、お前はアイツのこと裏切ったんだよ」内も外も、次々に総司に責められる杏子のカラダ…そんな中、総司の口から斗真さんの秘密が明かされて…「私、斗真さんのこと…知ってるようで何も知らない…」揺れる杏子の心。一方、筧は...
  • 愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 6
    「お前は何も悪くない」総司に汚された杏子を斗真がやさしく出迎える。「洗ってやるよ…杏子」斗真さんの指が全身をなで徹底的に私に刻まれた跡を洗い流す。筧は杏子に自分の過去と真の目的を告げる「もう…ひとりで苦しまないでください」杏子と筧は新しいステップへ。「待って、こんな格好恥ずかしい…っ」ともに歩むと決めてからの斗真さんはより荒々しく私を愛すようになって…意外な人物が事務所を訪ねて...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています