見習い神官レベル1(3) ~亡き姫君のための狂想曲~ 電子DX版

見習い神官レベル1(3) ~亡き姫君のための狂想曲~ 電子DX版

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

修練場を燃やしてしまってあわや落第かと思われたが、何とか進級を果たしたヨシュア。張り切って二年生をはじめようとした矢先――まさかのイジメの標的に!? 刃を向けるでも毒を盛るでもない嫌がらせに、むしろ新鮮と思うヨシュアだが、突き止めた犯人は、何と最上級生の現首席だった! 暴虐王【アフェク】の自主留年のせいで、とんでもない迷惑を被っているという彼女は、実は、暗殺者時代のヨシュアとある因縁があり……!? 最凶嫁つき学園ライフ、好評第3弾! 〈電子DX版〉として、電子限定の書き下ろしショートストーリー付き!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2014年10月29日
サイズ(目安)
6MB

見習い神官レベル1(3) ~亡き姫君のための狂想曲~ 電子DX版 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月08日

     なんとか進級できたもののヨシュアはいじめの標的になり、しかもその正体が暗殺者時代に因縁のある相手でした。また、成果発表会で劇を行うことになり仲間たちとともに奮闘することになります。
     初っ端から始まる仲間たちとのドタバタした日常は相変わらず面白かったです。
     また、ヨシュアの暗殺者時代にしたことに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

見習い神官レベル1 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 見習い神官レベル1 ~でも最凶の嫁がいる~
    ヨシュア・バレクは神官養成機関「星紺の塔」きっての落ちこぼれ。何せ神官の必須技能、神魔を喚び出し使役する「魔操」が全く出来ないのだ。だが実は彼には秘密があった。暗殺組織「赤晶旅団」出身の元・暗殺者、しかも強大すぎて召喚を禁じられた位階一桁の神魔・雷凰スーリィンと婚姻の契約を結んだ身。バレたら破門、最悪は処刑――そんな秘密を隠し、暴走する嫁の手綱を取りつつ、一人前の神官を目指す...
  • 見習い神官レベル1(2) ~放課後は朝まで砂漠で~
    教育機関「星紺の塔」のオチコボレ見習い神官・ヨシュアは、実は元暗殺者、かつ強大な神魔・雷凰スーリィンと掟破りの婚姻の契約を交わした身。そんな秘密を知りながら庇ってくれるクラスメイト達に、夜な夜な“魔操”の技術を教わっているが、なかなか進歩が見られず悩む日々。そんなある日、夜に寮を抜け出しているところを最上級生の少年に見つかってしまい-!?
  • 見習い神官レベル1(3) ~亡き姫君のための狂想曲~ 電子DX版
    修練場を燃やしてしまってあわや落第かと思われたが、何とか進級を果たしたヨシュア。張り切って二年生をはじめようとした矢先――まさかのイジメの標的に!? 刃を向けるでも毒を盛るでもない嫌がらせに、むしろ新鮮と思うヨシュアだが、突き止めた犯人は、何と最上級生の現首席だった! 暴虐王【アフェク】の自主留年のせいで、とんでもない迷惑を被っているという彼女は、実は、暗殺者時代のヨシュアとあ...
  • 見習い神官レベル1(4) ~だけど、この手を離さずに~
    多くの犠牲と謎を残し、砂の巨人となり滅びたペルスカ。その黒幕と思しきリベカを警戒し、ヨシュア達は太守ダルタスを護衛してルステラへ赴くことになる。だが現れたのは偽教師だった破戒神官。そして彼女を追って、雷凰の対・雷鳳の少年が襲来する! 神々の禁忌を犯したリベカを捜しているという彼は、人と神魔の婚姻もまた禁忌だと告げてきて――。「リベカ様を助けて」と願う敵と明かされる神魔の秘密を...
  • 見習い神官レベル1(5) ~ヨシュア・バレクの平穏な(はずもない)日々~ 電子DX版
    元暗殺者、かつ大神魔・雷凰スーリィンと掟破りの婚姻の契約を交わした身という秘密を隠したオチコボレ見習い神官・ヨシュア。彼と同級生たちによる神官養成機関『星紺の塔』での日常は、それはそれは平穏な――はずもなく!? 劣等生を理解しようという100%の善意により、担任のマルタ導師が提案してきたのは……『マルタ先生の交換日記』。ヨシュア・ギレアド・ラキシュ、三人の出会いを描く『はじまりの日』...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています