大平面の小さな罪

大平面の小さな罪

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

JR新宿駅に貼られたポスターが、ある日、全て白紙にすり替わった! この不可思議な事件の犯人は一体だれ? 二次元を操る美女・セーナと、広告マン・宇田川のコンビが活躍する岡崎二郎のSFミステリーが新装版で登場。ビッグコミック増刊号で発表された全7話に加え、全話解説の漫画も描き下ろしで収録! 誰にも真似のできないアイデアと、何度でも読み返せる味わい――知的好奇心をたっぷりと満たすSFコミックの名匠・岡崎二郎の傑作!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
HARTA COMIX
電子版発売日
2014年04月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
124MB

関連タグ:

新刊オート購入

大平面の小さな罪 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月19日

    昔ビックコミックで出てたものの再出版版。
    あとがき等が追加されています。
    岡崎先生のセンスオブワンダーの一端を体験できますよ。
    未読ならば是非

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    復刊。世のすべての平面を管理する機関の女エースの話。岡崎二朗らしくまとまりの良いSFで、安心して読める。最後もしっかり、まるで恥ずかしがらずに王道な展開で締める。堂に入ったもの。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月21日

    この作者は好きだから本屋で見つけてすぐに購入したけど、持ってる本だった。最後のあとがき漫画とエッセイ漫画と表紙を手に入れる為の値段としてはどうなんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月20日

    アフタヌーンでやってた「緑の黙示録」しか読んだことが無かったので
    作者の本領であるSF作品を遅まきながら。

    異世界にも社会や闘争があるのが面白いね。こいつら何者だという疑問には最後まで一切触れられないのも良い。

    ミンは結構カワイイ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月17日

    タイトルがとんでもなく美しい。当時の担当さんが考えた…らしきことが後書きまんがにあったけど、タイトル買いした身としてはうまい!という絶賛しかできない。

    6話の「Riolt(ライオット)」が好き。
    ほかの話も好きだけど、いかんせんヒロインであり、次元を操る美女・セーナを好きになれない。
    これを小悪魔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年03月09日

    絵は好き嫌いがあると思うが、人間らしさが描かれており、読んでみて面白かった。
    画像を操る能力者と広告代理店の人間との話。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています