「私は考える、ゆえに私はある」―近代精神の確立を宣言し、現代の知の枠組みとなる哲学の根本原理と方法を構築した近代哲学の父デカルト。コギトの確立に体系の集約点をみるドイツ観念論の桎梏を解き放ち、デカルトの真実の姿を見いだそうとする本格的な入門書である。デカルトの思想を現代的視座からも読みなおす意欲作!

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

デカルト入門

Posted by ブクログ 2013年11月22日

 「我思う故に我あり」を一番に思い出す。数学と自然哲学を総合し現代科学の礎を築いたデカルト。このコトバは物事を観るときに一度純粋なコギト(自我)に立ち返ることの重要性を表しているのではないだろうか。まアインシュタインもまた「常識とは成人になるまで集めた偏見のコレクションである」と言ったと伝えられる。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デカルト入門

Posted by ブクログ 2011年03月14日

一般にデカルトは「我思う、ゆえに我あり」という言葉とともに、近代的自我の確立者として知られているが、本書は、自然科学をはじめとする近代的学問の方法とその体系の基礎を構築した思想家としてのデカルトを紹介している。

デカルトは『精神指導の規則』において、アリストテレスの存在論に基づく従来の学問体系から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デカルト入門

Posted by ブクログ 2014年03月10日

少なくとも、第二章「デカルトの認識論と形而上学」は、入門のレベルを超えている。というか、入門書で理解できるような内容ではないのだろう。

この本に限った話ではないけど、入門書は、最初に読むのではなくて、対象の哲学者の代表的な著書を読んだ後にまとめ的に読んだ方がいいかも知れないと感じた。

このレビューは参考になりましたか?

デカルト入門

Posted by ブクログ 2012年07月27日

デカルトについての全体的な入門書のうち最も簡単な一冊である。

デカルトについて殆ど知らず、これから知ろうとする人の、日本語での最良の入門書であろう。

この書のよいところは、しばしば軽視されがちなデカルトの情念論についても、きちんと一章を割いて解説している点である。

近代の礎の1人であるデカルト...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デカルト入門

Posted by ブクログ 2011年08月18日

学生のときに習った「コギトエルゴスム、我考える故に我あり」が懐疑主義の中から考える主体だけは確実なのだということがやっと納得がいった。哲学だけでなく数学、物理等の自然科学にまで足跡を残しておられるが、これら哲学、自然科学の足跡の土台としてはキリスト教、神の観念が当然のように含まれていたことに改めて驚...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デカルト入門

Posted by ブクログ 2010年10月21日

我思う、ゆえに我あり
「コギト・エルゴ・スム(cogito,ergo sum)」

この有名な言葉から、連想していた思想観とは、
全く異なった思想の持ち主であることを知った。

デカルトは、数学的、物理学的見識から、「最高に能力のある者」として神の存在を位置づけ、「神の誠実性」から「人間の明晰性」導...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?